【2017年7月】二人暮らしのエクセル家計簿。うれしい臨時収入アリ!しかし全部趣味費に消えました。




ようやくここ道東にも短くもアツイ夏がやってきましてね。

ついこないだ、全国最高気温となる35℃をここ道東で記録。僕ら道東民としても衝撃を隠せないでおります・・・。沖縄より北海道のが暑いってどういうこっちゃねん、と(笑)

しかしこんなにアツいのに道東にはビーチがなくて海水浴もできないので、かわりにお気に入りの虹別オートキャンプ場でバーベキューをしてきたのが冒頭の1枚。

汗ダクになりながら、炭火であぶった肉をほおばりつつ、ビールで流し込む瞬間に幸せを感じるのはまだ若い証拠かな?

 

SPONSORED LINK

まえおき。我家の基本情報。

30代前半・夫婦二人暮らし。酪農作業員の夫と、専業主婦・兼在宅ワーカーの妻で、一応両輪駆動でやってます。

北海道に住むなら必須アイテムの車は、軽自動車1台のみでなんとか生きてます。

たぶん人より牛の方が多い僻地ですが、安い公営住宅に入居できたおかげで、家賃負担は軽めなのがポイント。ただド田舎なのでなにかとアクセスに苦労しますが・・・。

2016年・夫年収430万(税込)、ローンは夫・奨学金返済残高200万ほどアリ。

 

2017年7月度の収支状況。

7月度の我家の主なトピックといえばこんなところでしょうか↓

  1. 夫が臨時ボーナスをゲットした
  2. 夫がAmazonで釣り道具を爆買いした
  3. 新たに生命保険に加入した

 

収入合計 ¥370,452円

 

僕の手取りですが、会社の業績好調により、臨時ボーナスが支給されることになったおかげで、普段より7万円ほど多くなっております。

酪農なんて3K労働(きつい・汚い・危険)の典型だし、僕みたいに動物好き・人間嫌いな人にしかおすすめできませんが、こういうご褒美がたまにあると悪くない仕事だな、とも思えます。

あ~完全に社畜ですね(笑)

 

在宅ワーカーの妻は、今月も6万オーバー稼いでくれました。

今年5月にそれまで勤めていたパート先を辞めたので、今の収入源はこの在宅ワーク1本のみ。試行錯誤しながらも頑張ってくれています。

 

支出合計 ¥235,535円

いつものように変動の大きかった支出だけをピックアップして振り返ります。

 

食費 47,542円

このうち外食費が5,700円ほどです。

以前までの食費は4万前後で収まっていたのですが、最近は5万に迫る勢いです。

特に贅沢しているつもりはないのですが、想い出になりそうな食事や、おいしそうな食品にはあまり躊躇したくない質なので・・・。

食費を削ってまで資産を増やそうとするのは、我家のポリシーに反するのでやりませんが、割引き&お買い得商品のチェック意識は常に持ち歩いており、一応節約家としての面目は保っているつもりです(;’∀’)

 

医療費 15,340円

我家は現在不妊治療を行っており、その治療費として7月度は約1.5万円を計上しました。

2017年の医療費は(通院費含む)、現時点で26.7万円に上っていますが、これは想定内の数字なので特に憂うことはありません。

それより医療費控除でいくら税金が戻ってくるのか、ちょっと楽しみにしています。もちろん確定申告に備えて、医療費に関する領収書はすべて保管していますよ。

 

教養娯楽費 76,248円

ほぼ趣味費、僕の釣り道具に費やしたお金ですね。

去年、職場の先輩に連れて行ってもらったサケ釣りにどっぷりハマってしまいましてね。今年は、それに関するギアを片っ端から買い漁ってます。

 

会社から受け取った臨時ボーナスがまるごとコイツに消えましたが、たぶんさらに買い足します。アイテムが増えていく過程も、それを使い倒してる妄想も、すべてが楽しすぎてヤバイ・・・。

好きな事に没頭できる時間があるって本当幸せなこと。生きてることを実感できます。

そのうち「釣りブログ」を立ち上げてそれを収益化しても楽しそう、とか密かに画策してます・・・。

 

投資 37,015円

今月より、明治安田生命の生命保険「じぶんの積立」に加入してみたんですよね。これにより月の投資額が5千円増えました。

各方面で取り上げられ大人気のこの商品、その特徴がこちら↓

  1. 月々の掛金は1口5,000円から(最大4口20,000円)
  2. 保険料払込期間は5年間(満期は10年後)
  3. いつ解約しても返戻率は100%以上(満期は103%)
  4. 生命保険料控除の対象

 

特に③と④はスゴイですね。利率の低い銀行預金なんかを、こっちに移行すればかんたんに節税できて、実質的に高利率で運用できるって算段。

保険会社のお姉さんも曰く「この商品は損失商品なので、自社にとってはほとんどメリットがないんですよ」なのだとか。

いわゆる「ドアノック商品」ってやつですね。この商品をきっかけに他商品を売り込むという。

兎にも角にも良い保険に巡り合えました。

 

SPONSORED LINK

 

貯蓄合計 ¥134,917円

 

7月度の家計簿上の貯蓄額は13.4万円となりました。

ちなみにリアルな貯蓄額は、後述の資産管理シートで算出するので、ここの貯蓄額は「参考値」という位置づけです。

 

2017年の年間収支一覧

(クリックすると拡大します↑)

今年の家計簿上の貯蓄総額は、今のところ約113万円となっております。

 

2017年の予算管理状況。

先月より予算管理もはじめてみました。

とはいっても我家の予算設定は、あくまでも自制意識をちょっとだけ高めるための参考値、という位置づけです。ライフイベントや有事の際には、支出も大きく変動するので、予算には流動性を持たせています。

 

左から年間の予算、年間の実績、年間の残額となっております↓

(クリックすると拡大します↑)

流動性を持たせるとかカッコいいこと書きましたが・・・教養娯楽費はすでに5万オーバーです。ほぼ僕の釣り道具ですね。

予算を完全に無視しています(笑) 来年はもう少し上限上げねば・・・。

さて、ということで今年残り5か月の生活費残額は107万円、てことになります。うーん、ちょっと厳しいかも・・・。

 

ちなみに上記の予算管理表は、エクセルを使えばワンクリックで作成できます。詳しくはこちらをどうぞ↓

『やさしいエクセル家計簿のはじめ方』を発売しました。【最新版】SOHTARO流テンプレート付きです。

2017.06.20

 

我家の総資産まとめ。

 

銀行預金や証券残高、各種ポイントやクーポン、投資評価額など、我家の金融資産をすべてまとめたのがこの資産管理シートです。

証券口座に390万円ほどプールしていますが、これはIPO投資用の資金です。お宝株をゲットすべく、楽しみながら申込を続けています。

≫ IPO(新規公開株)は当たりやすい宝くじ。この投資はほぼメリットしかない!

 

今年から楽天証券で始めたイデコは、含み益795円が発生中。わずかなプラスですが、ほったらかし運用にもかかわらず勝手に増えていくのを目の当たりにするとやっぱり嬉しいもんですね。

 

結果、総資産から負債を差し引いた、純資産は696万円となりました。

未開の境地、資産700万円台がようやく目の前にみえてきた!社会人8年目にして、ようやくここまできました。感慨深いわ・・・。

 

そしてこれが昨年2016年から集計している我家の資産推移グラフ↓

 

黄色の線グラフが累計貯蓄分、赤色の棒グラフが月間貯蓄分をあらわします。

(6月と12月の月間貯蓄がドカンと増えているのはボーナス支給のおかげ)

マイナス収支の月もありますが、堅実に資産が増えていってます。エクセル家計簿の恩恵は大きいです。

今年2017年の累計貯蓄は現時点で136万円となっています。今年こそ「年間200万貯蓄」をなんとしても達成したい!

 

今後の展望。

最近ちょっと反省しているのが、注意力や自制心の欠如のせいで、無駄な出費がチラホラ目立つこと。

仕事中に誤ってメガネレンズを壊してしまったり、特に感動の無い外食をしてしまったり。どちらも数千円程度の出費なんですけど、無駄なものには1円も支払いたくない僕としては、らしくない出費・・・。

こういうロスに慣れてしまって感覚がマヒしてくると、いつまでたってもお金が貯まらないメタボ家計になってくるんですよねえ。←社会人1年目(独身)の僕がまさにそうでした

 

ここのところ、本業・副業ともに少しずつ収入が増えてきているので、水を差さないように、今一度気を引き締めていかなければなと自戒。

無駄な支出は徹底的に排除。必要な支出は躊躇なく実行。

人生を思いっきり謳歌するためのお金の使い方をこれからも追及していきます。

 

SPONSORED LINK


 

SOHTARO
散財・病気・転職と、人生コスパ最悪夫の資産形成術をフォローしてみませんか?失敗だらけのポンコツだからこそ伝えられる何かがあるはず!


『やさしいエクセル家計簿のはじめ方』を発売しました!

 

自称・家計簿オタクの作者が

「最も使いやすい家計簿を作ろう」というコンセプトで作成した

エクセルテンプレート&解説マニュアルです。

 

エクセル家計簿歴6年分のノウハウをすべて詰め込みました!

 

無料アプリや有料ソフトはイマイチしっくりこなかった方、是非お試しあれ\(^o^)/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です