【2017年9月】二人暮らしのエクセル家計簿公開。妻のネット収入がはじめて10万円を突破しました。

北海道・道東のとある漁港にて、サケ釣りに興じるアングラーたちをおさめた夕まづめのワンショット↑

鏡張りの海と、綺麗な夕日に向かって無心に竿を振っている瞬間は至福のひと時でしょう。

ちなみにこのとき僕は、半日粘ったけどもサケに振り向いてもらえず、トボトボと帰路についている最中です(笑)

 

さて、少し遅くなりましたが2017年9月度の家計報告をまとめます。

 

まえおき。我家の基本情報。

家計報告のまえに、我家の家計スペックをかんたんにまとめますね。

30代前半・夫婦二人暮らし。酪農作業員の夫と、専業主婦・兼在宅ワーカーの妻で、一応両輪駆動でやってます。

北海道民必須アイテムの車は、軽自動車1台のみでなんとか生きてます。

たぶん人より牛の方が多い僻地ですが、安い公営住宅に入居できたおかげで、家賃負担は軽めなのがポイント。ただド田舎なのでなにかとアクセスに苦労しますが・・・。

2016年・夫年収430万(税込)、ローンは奨学金返済残高(夫)が200万ほどアリ。

 

2017年9月度の収支状況。

収入合計 ¥304,931円

 

僕の給与手取りは約20万円ほど。減ることもなく増えることもなく、全く変わり映えしません。

一般的な33歳サラリーマン既婚者の手取りとしては、まったく余裕のある金額ではありませんが、酪農作業員としての給与水準としては、けっして悪い方ではないんですよね。実は。

なんの自慢にもなりませんが(笑)

 

一方、在宅ワーカーの妻は、インターネット収入を初の10万円台にのせてきました。

8月度にはじめて7万円を突破したところでしたが、9月度は急伸してひとつの目標であった10万円超えを達成することができました。

数年前まで夫の病気や転職により、家計的にも精神的にもギリギリだった我家からすると、10万円の不労所得なんて夢物語でしかありませんでしたから、ものすごく感慨深いものがありますね・・・。

まあいろいろ好条件が重なった瞬間最大風速でしょうが、一つの節目を迎えることができました。

 

ちなみに我家が愛用しているハピタスは、大きな節約効果により家計を下支えしてくれますし、ちょっとしたお小遣い稼ぎにもなるので、まだ未活用に方にはおすすめです↓

ハピタスは最高の節約ツールだと思う。この家計応援サイトを使わないのはもったいない!

2016.09.18

 

支出合計 ¥197,170円

いつものように変動の大きかった支出だけをピックアップして振り返ります。

 

食費 42,641円

2回分の外食費も含んでいます。

ホテルのランチバイキングと、釧路市内の絶品回転寿司で8千円ほど使いました。もちろん妻と二人で。

想い出になる食事には出し惜しみしません。想い出はプライスレスでしょ?

 

医療費 17,074円

今年から本格的にはじめた不妊治療に関する費用です。

2017年分の医療費は(通院費含む)、現時点で30.1万円に上っていますが、これは想定内の数字。予算管理の章でも後述してますが、医療費の年間予算は52万円で組んでいるのでまだヨユ―があります。

 

それよりも注力すべき事項は、確定申告(医療費控除)のために、家計記録と領収書保管をしっかりやること!

こういう時にエクセル家計簿はとっても重宝します。

支払金額や通院日など、確定申告に必要な情報が、マウスクリック一つで抽出できるので、申告書作りの強力なサポートツールになると思うんですよね。

『やさしいエクセル家計簿のはじめ方』を発売しました。進化し続けるSOHTARO流テンプレート付きです。

2017.06.20

 

教養娯楽費 40,953円

ほぼ夫(僕)の趣味である釣りに費やしたお金ですね。ほぼ道具代(初期投資)です。

最近これに関する出費が増えていて、さすがにちょっとブレーキかけないとまずいかなと思っている今日この頃・・・。

まあ酒もタバコもやらないし、夜遊びに行くことも皆無な僕なので、初期投資の必要なこの時期だけは我慢してくれと妻に懇願しております(笑)

 

貯蓄合計 ¥107,761円

 

9月度の家計簿上の貯蓄額は10.7万円となりました。

妻のネット収入のおかげですね。助けられました。

 

2017年の年間収支一覧

 

(クリックすると拡大します↑)

2017年分の家計簿上の収入・支出・貯蓄をすべてまとめたのがこの年間収支表です。我家のリアルな収支がこの1枚の表におさまっています。

これによれば2017年の我家は、346万稼いで208万使って138万貯めたということになります。

 

ちなみにこの年間収支表上のデータには、他力収入(=ご厚意等で頂いたお金)は一切含んでいません。

すべて自力収入のみです(=自分のチカラで稼いだお金のみ)。

※他力収入も加えた我家の総資産については、資産管理シートで後述しています

 

年間収支表は、家計体質を改善するための戦略ツールです。

収入を増やし、ムダな支出を削り、貯蓄を増やすための戦術をこのツールからひねり出します。こんなふうに↓

≫ 【我家の節約ハンドブック】最短で1,000万円貯めるために実践している節約術をまとめました。

ですのでリアルな家計の実態をボカさないために、年間収支表には他力収入を計上しないのが我家のスタイルです。

 

我家の総資産まとめ。

銀行預金や証券残高、各種ポイントやクーポン、投資評価額など、今保有している我家の金融資産をすべてまとめたのがこの資産管理シートです。

他力収入などもすべて含みます(=ご厚意等で頂いたお金)。

 

(クリックすると拡大します↑)

銀行口座を複数所有しているのは、振込手数料が無料になるネット銀行をフル活用しているからです。

≫ 今すぐ開設したい!他銀行宛でも振込手数料が無料になるインターネット銀行まとめ。

 

証券口座に390万円ほどプールしていますが、これはIPO投資用の資金です。お宝株をゲットすべく、楽しみながら申込を続けています。

≫ IPO(新規公開株)は当たりやすい宝くじ。この投資はほぼメリットしかない!

 

今年から楽天証券で始めたイデコは、2,700円ほどの含み益になってます。

もともと節税目的ではじめたイデコなので投資益には期待していませんが、少しでも利益が出ているとやっぱりうれしいもんですね。

 

最終的に、総資産から負債を差し引いた純資産は734万円となりました!

そしてこれが昨年2016年から集計している我家の資産推移グラフ↓

 

黄色の線グラフが累計貯蓄分赤色の棒グラフが月間貯蓄分をあらわします。

(6月と12月の月間貯蓄がドカンと増えているのはボーナス支給のおかげ)

今年2017年の累計貯蓄は(自力+他力収入すべて含む)、現時点で174万円となりました。親戚からのご厚意などにもかなり助けられており、感謝の気持ちでいっぱいです。

初の年間200万貯蓄がみえてきた・・・!

 

2017年の予算管理状況。

予算管理とはいっても、我家の予算はあくまでも自制意識をちょっとだけ高めるための参考値、という位置づけです。ライフイベントや有事の際には、支出も大きく変動するので、予算には自由度を持たせています。

左から年間の予算、年間の実績、年間の残額となっております↓

 

(クリックすると拡大します↑)

みてのとおり、赤い数字が赤字を意味します。

いくつかの項目で赤字になっていますが、トータルでプラスになっていればヨシ!とするスタイルです。

しかし趣味費(夫の釣り)に関しては18万オーバーとさらに赤字額が拡大しておりますが、これに関してはノーコメントとさせていただきたく・・・orz(笑)

 

今後の展望。

唐突なハナシなんですが、最近セカンドカーの購入を検討する機会が増えてきましてね。

我家は夫婦二人しかいないので今の軽自動車1台スタイルでも、なんとか生活できてるんですけど、やっぱり1台だと色々と制約があるわけです。

なんたってここは北海道のド田舎。何をするにも車が必須。

僕が通勤に車を使ってしまえば、嫁は足がなくなるので、自宅に缶詰になってしまいます。急用や有事のときにこの体制はやっぱり心もとない、と。

 

あと軽自動車でお互いの実家に帰るのも最近辛くなってきました。往復1,000km。安全面や疲労面などを考えると、普通乗用車の必要性を感じ始めています(贅沢かな?)。

しかし購入費や維持費のことを考えると、なかなか即決はできないのが実情・・・。

そんな財力はまだまだないし、踏み出す勇気もでない・・・。あ~懸賞かなんかでサクッと新車当たったりしないかなー。

 

 

SOHTARO
散財・病気・転職と、人生コスパ最悪夫の資産形成術をフォローしてみませんか?失敗だらけのポンコツだからこそ伝えられる何かがあるはず!


『やさしいエクセル家計簿のはじめ方』を発売しました!

 

自称・家計簿オタクの作者が

「最も使いやすい家計簿を作ろう」というコンセプトで作成した

エクセルテンプレート&解説マニュアルです。

 

エクセル家計簿歴6年分のノウハウをすべて詰め込みました!

 

無料アプリや有料ソフトはイマイチしっくりこなかった方、是非お試しあれ\(^o^)/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です