自動車保険はやっぱSBI損保がダントツで安い!年間保険料14,810円で維持コストを大幅節約。

我家自慢の愛車、スバル・アウトバックです↑…なんていつか言ってみたいよ(;´Д`)w

 

さて、今年も自動車保険の契約更新が目前に迫ってきた我家の愛車。

今回、契約更新にあたり、見積もり&保険料比較したうえで申込したのですが、色々調べていくと、自動車保険を節約するためのコツやポイントが、かなり鮮明に見えてきたので、備忘録としてまとめておきます。

 

現在の保険もSBI損保。保険料を超節約してきた補償内容と保険料がこれ!

SBI損保に乗り換えてから3年が経ちました。そんな我家の愛車がこれ。↓

アウトバックとの落差感に笑けてくるわ・・・オモチャみたい。でもこれが現実なのねw で、ダイハツ・ムーブコンテ。2010年式。

2015-11-27_20h02_25

 

そして現在の、SBI損保の現在の補償内容(=契約内容)と保険料(=見積もり額)はこうなってます。↓

2016-08-20_20h15_53

 

年間の保険料はなんと衝撃の14,810円!!ホント、他社の保険料は一体何だったんだろう・・・って思うくらい安いです。

 

そしてざっくりですが、補償・契約内容の要点をリストアップするとこんな感じ。↓

  • 軽自動車(ムーブコンテ)
  • 記名被保険者は嫁さん(34歳)
  • ゴールド免許
  • 14等級
  • 対人対物無制限
  • 人身傷害補償無制限
  • 搭乗者傷害保険なし
  • 車両保険なし
  • 特約なし
  • インターネット割引&証券不発行割引適用

 

節約ポイントは色々あるんで後述しますが、一番のポイントは車両保険を付けない、ってとこでしょうかね~。だって、車両保険の有無だけで数万円変わってくるんだもん。。

僕は過去に数年間、車両保険に加入していましたが、おそらく通算で5万円ほど保険会社に寄付してます。しかも無事故だったので保険適用することもなく。あ~もったいない。

 

しかも万一、自損事故を起こして車両保険を申請した場合、、、翌年からの保険料が上がっちゃうというワケわからんシステムも、車両保険を付帯させたくない理由の一つ。

なんのための保険料なんだか。こんなもんにお金かけるのは馬鹿馬鹿しいですよ。

自損は自費で修理するか、思い切って新車に乗り換えてやりますよ。ってウチにはそんなお金ないかw

 

念のため他社含めて一括見積してみました。ちなみに見積もりはハピタス経由がお得!

きっとSBI損保が最安なんだろうな~とは思いつつ、念のため見積もりもしてみました。もちろん前述した条件で。

 

ちなみに、見積もりは我家愛用のハピタス経由で実行。価格.com自動車保険で一括見積すると、1,000円前後のハピタスポイントが頂けるので超お得です。↓

こういう時ホントに頼りになりますわ。ハピタス。

ハピタスは最高の節約ツールだと思う。この家計応援サイトを使わないのはもったいない!

2016.09.18

 

で、出てきた見積もり結果がこれ。↓

  • チューリッヒ 15,900円
  • セゾン自動車火災保険 24,680円
  • 三井ダイレクト 19,540円

 

ん?ちょっと見積もり件数が少ないな・・・。10件くらいは欲しかったんですけどね。時間差で郵送とかされてくるのかもしれませんが、もしあれば追記します。

さて、SBI損保の対抗馬になるとすれば、チューリッヒくらいかな。その他は圏外ですね。

結局、数件見積もりとってみましたが、14,810円のSBI損保を超える保険会社は現れず。。やっぱSBI損保最強かも。少なくとも価格面においては。

 

ここを押さえろ!SBI損保で自動車保険料を節約するポイント7つ!

さて、今年もSBI損保で保険継続することにしたわけですが、ここからが本題!SBI損保で保険料を節約するための、細かいポイントやコツをまとめておきます。

僕自身、実際に申込しながら発見することが多かったんですが、申込時の申告内容によっては、結構変わってくるもんなんですよ、保険料って。

だからココ、かなり重要です。(p_-)

 

ゴールド免許の妻を記名被保険者にして10,110円節約!

いやこれね、免許証の色だけでこんなに保険料って変わってくるのか・・・っておったまげました。w

2016-08-20_20h28_35

 

ちなみに、、、記名被保険者って何??契約者とは違うの??って方はコチラをご覧ください。↓

 参 考  記名被保険者と保険契約者の違い

 

さて、SBI損保の保険料試算で導かれた結果がこちら(年間保険料)。↓

  • 僕(ブルー)を記名被保険者にした場合 ⇒ 24,920円
  • 妻(ゴールド)を記名被保険者にした場合 ⇒ 14,810円

その差なんと、10,110円!マジか、免許証カラーだけでこんなに変わってくるとは…(;´Д`) 嫁さん、ゴールドでよかった。。

ちなみに、記名被保険者ってのは「主に車を運転する人」なので、主に車を運転しない人は対象外です。まあぶっちゃけると、このへんは自己申告なので、結構グレーなんですけどね・・・。

 

使用目的を「通勤・通学」⇒「日常・レジャー」に変更して1,420円節約!

これも意外に知られていない保険料節約術だと思うのですが、、、SBI損保の場合、車の使用目的によって保険料もかなり変動します。(僕自身、最近まで知らなかったw)

結論から言うと、SBI損保の保険料は「日常・レジャー」<「通勤・通学」<「業務使用」となります。

2016-08-20_20h34_01

 

なぜ「日常・レジャー」が最安なのかは分かりませんが、もしかすると保険会社側はこの使用目的で、車の使用頻度を判断しているのかな・・・?って勝手に思いました、(使用頻度が低い⇒事故率も下がる⇒保険料も下がる?)

ちなみに、僕の保険料を試算してみるとこうなりました。↓

  • 日常・レジャー ⇒ 14,810円
  • 通勤・通学 ⇒ 16,500円
  • 業務使用 ⇒ 19,020円

我家の場合、使用目的を「通勤・通学」⇒「日常・レジャー」に変更することで、1,690円節約することができました。

ちなみにこの使用目的も自己申告です。申告は、申込者側の判断に委ねられています。ちなみに使用目的を変更したところで、その根拠を尋ねられることはありませんのでご安心を。(笑)

 

運転者を本人・配偶者限定にして1,280円節約!

うちは夫婦以外、車を運転することはまずないので、本人・配偶者限定にしてます。

ちなみに運転者限定なしだと16,090円なので、本人・配偶者限定にすることで1,280円安くできます。こういう小さいトコロからコツコツとね。。

 

インターネット割引と証券不発行割引で10,500円節約!

まあこれは今どき珍しいサービスではありませんが一応載せておきます。

SBI損保の場合は、ネットから申込み、なおかつ保険証券を不要にすれば10,500円安くなります。

2016-08-20_20h37_51

 

もし職場などに保険証券コピーを提出しなきゃいけない!という方は、契約内容をPDFファイルでダウンロード(もしくは印刷)できるので、代用策として有効かどうか検討してみてください。

 参 考  SBI損保のご契約内容の確認・変更について

 

思い切って車両保険カットで13,240円節約!

前述したような理由から、僕は車両保険を外してみたところ、そのおかげで13,240円節約できることが分かりました。

車両保険をつけると保険料は28,050円まで上がります。(一般車両、保険金額80万円、自己負担5-10万円)

一方で、その車両保険を外すと14,810円まで下がります。人生なにがあるかわからないけど、僕は車両保険不要派です。

2016-08-20_20h52_24

 

余談ですけど、僕の住んでる道東エリアが鹿との衝突事故がマジで多い。車より鹿のほうがキケン。

僕も何度ヒヤっとさせられたことか・・・。鹿には本当に気を付けなければなりません。車両保険入ってない分、余計にね。(-_-;)

 

ムダな特約設定は全てカット!これでオプション補償費は0円に。

特約設定って、対物差額修理費用補償特約とか、車両損害に関するレンタカー費用補償特約、自転車事故補償特約など、とにかくまあたくさんあるんですけど。

ついでだから~って感じで、ついつい付けてしまいがちなんですが、本当に必要なものかどうかもう一度考えてみた方がいいです。

もしかすると、他の保険(生命保険や個人賠償責任保険)と重複してる可能性もあるので。←これ、僕の実体験。(-_-;)

というわけで我家は特約はすべてカット。これでオプション補償費は0円になりました。

あ~スッキリした。(笑)

 

オマケ。SBI損保の場合、人身傷害補償保険金額を下げても保険料にはさほど影響なし。

人身傷害補償保険ってのは、運転している自分自身や、搭乗者のための保険。

うちの場合だと、もし嫁さんが運転中、同乗していた僕が負傷した場合、その治療にかかった費用などを補償してくれるってこと。ちなみに、僕が運転していて嫁さんが負傷した場合も同じ。

 

で、うちはこの人身傷害補償保険金額を無制限にしているんですけど、これをもう少し下げたら保険料も下がるんじゃね?って考えたことはあります。

で、試算してみたんですけど、、、人身傷害補償保険金額5,000万円だと、年間保険料は14,940円。

無制限にしても14,810円なので、結果、130円しか安くならない(笑) なので、このくらいの差額なら出しますわ、ってことで、うちは無制限にしてます。

 

自動車保険の節約ならハピタス経由の一括無料見積もりがおすすめ!

今回は価格面のみ焦点をあて、サポート面については一切触れませんでしたが、実はネット上ではSBI損保の顧客対応・サービスについては、お世辞にも良い評判は聞かれません。(笑)

僕は実際に保険申請したことがないので、このへんの真偽は想像の域を超えないのですが、まあ、この低価格ですからね、サポートにしわ寄せがいくのは致し方ない、と僕は思っています。。

当然ながら価格とサポートの両立って背反します。だから理想的な保険選びって難しいんですよね。

 

ウチの場合はSBI損保がベストアンサーでしたが、年齢や車種によっても自動車保険料は変動します。ってことで、手っ取り早く一括見積もりをしてみるのがオススメ。

先ほども紹介したハピタスを経由して、価格.com自動車保険などで無料見積もりすれば、1,000円前後のハピタスポイント(=現金へ交換可能)も貰えて超お得。↓

僕も既に利用済み。ちゃっかり1,000円頂きましたw

ハピタスは最高の節約ツールだと思う。この家計応援サイトを使わないのはもったいない!

2016.09.18

 

SOHTARO
散財・病気・転職と、人生コスパ最悪夫の資産形成術をフォローしてみませんか?失敗だらけのポンコツだからこそ伝えられる何かがあるはず!


『やさしいエクセル家計簿のはじめ方』を発売しました!

 

自称・家計簿オタクの作者が

「最も使いやすい家計簿を作ろう」というコンセプトで作成した

エクセルテンプレート&解説マニュアルです。

 

エクセル家計簿歴6年分のノウハウをすべて詰め込みました!

 

無料アプリや有料ソフトはイマイチしっくりこなかった方、是非お試しあれ\(^o^)/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です