とにかく今すぐSBI証券のIPOチャレンジポイントをためるんだ!と僕が全力で訴えたい理由。




僕、SOHTAROは現在32歳。

心の病気が原因で、機械エンジニアとして新卒採用された某機械メーカーを3年で辞め、まったく畑違いの農業という職種に転職して早5年。

転職したせいで激減した収入をカバーすべく、思いつくかぎりの節約術・貯蓄術・投資術を実践し、その効果をこのブログでもアップしてきたところです。

 

で、今日書くのは、まだ投資をやったことない人にこそ贈りたい、とてもシンプルな資産運用術です。

このブログの読者さんの中には、なんとなく勘づいている方もいるかもしれませんが…。

 

投資?証券会社?そんなもん興味ねーわ!だいいちそこまでお金ねーし!

ってハナからそっぽ向いちゃうような投資アレルギーな人にこそ、是非読んでみて欲しいのです。

 

SPONSORED LINK

はじめに。投資素人でも当選すれば高確率で稼げてしまうIPO投資ってなんだ?

まえおきとして、IPO(新規公開株)投資についてかんたんにご説明します。

投資のことなんてサッパリ分かりませんっ! っていうような投資素人でも、IPO投資は高確率で利益を狙える、すごくオイシイ資産運用術なんです、ってことは以前の記事でも書きました。

≫ IPO(新規公開株)は当たりやすい宝くじ。この投資はほぼメリットしかない!

≫ 【黄金の羽をゲットせよ】IPO投資の基本を初心者向けに分かりやすく解説します。

 

お金を出せばいくらでも購入できる一般的な株投資と違って、IPO投資は抽選に申し込み、なおかつ当選した人しか購入できません。

競争率と希少性が高く、でも当選すれば高確率で利益を生み出してくれるのがIPO株です。

記事タイトルで「IPO株=宝くじ」という言い回しをしているのはそのためです。

 

ただこのIPO、想像に難くないと思いますが、当然のごとくなかなか当選しません(笑)

僕はIPO投資をはじめて2年が経ちますが、今まで当選したのは5銘柄だけです。

感覚的には、抽選に100回申し込んで1回当選すればいいほう…、いやそれ以上かもしれません。そのぐらい当たらない。

 

そんなめったに当たらないくじ引きやってるほど、アタしゃ暇じゃないのよっ!(`・ω・´)

って思った方。まあまあ、もう少しお付き合いくださいませ。

ここで登場するのが今日の主役、コツコツとため続けた人が得をする「SBI証券のIPOチャレンジポイント」なんです。

 

SPONSORED LINK

 

SBI証券のIPOチャレンジポイントをため続けると必ず新規上場株をゲットできるしくみ。

まずSBI証券のIPO抽選ルールについて理解しておきましょう。

SBI証券のIPO株は、70%が完全抽選に、30%がポイント抽選に分配されます。

たとえばSBI証券に100株割り当てられた場合だと、こんなふうに分配されます↓

 

ではそれぞれの抽選方法の特徴をかんたんにまとめます。

 

完全抽選⇒お金持ちから先に当選していく無慈悲なルール

SBI証券の場合、100株のうち、70株が完全抽選に回されます。

抽選とはいっても、SBI証券の場合は、申込口数の多い(=資金量が多い)投資家の方が当選しやすいルールになっています。つまりお金持ちが得をするという、結構エグい仕組みです…(;´Д`)

 

そのせいか、僕は今まで80件以上のIPO株に申し込んでいますが、今まで一度たりとも当選したことがありません。

資金は300万ほど突っ込んでいるのにもかかわらず、です。

300万と聞くと大金のように思えますが、ハッキリ言ってSBI証券の完全抽選では、300万じゃ全然足りません。当選している人は、数千万~億単位の潤沢な資金力で参加していると思われます。

これじゃ僕みたいな零細投資家は、とてもじゃないけど太刀打ちできません(;´Д`)

 

ポイント抽選⇒資金力のない庶民でもいつか必ず当選するありがたいルール

一方で、残りの30株はポイント抽選に回されます。

これが何を隠そう、僕みたいな資金力に乏しい人でも、いつか必ず「黄金の羽」をゲットできる素敵なしくみなんです!

この30株は、SBI証券から付与されるIPOチャレンジポイントをより多く持っている人から順番に割り当てられていきます。

 

IPOチャレンジポイントというのは、IPOの抽選に外れるたびに1ポイントずつたまっていく、SBI証券独自のポイントシステムのことです↓

 

 

そのためIPO抽選にひたすら申し込み続けて、落選を積み重ねた分だけ、チャレンジポイントもたまっていくので、理論的にはこれを繰り返していくことでいつか必ず当選することになります。

実際には、抽選申込のときに「この銘柄の抽選に〇〇ポイント使って参加する」というふうに、抽選参加する銘柄と、使用するポイントを自分で指定することができます。

なので、欲しくもない銘柄の抽選に、ポイントが勝手に使われて、勝手に当選してしまう、という事態にはなりませんので安心してください!

 

「いつか必ず当選」

うーんなんて素敵なルール、そしてなんて素晴らしい響きなんでしょう…(*´▽`*)♡

ちなみに、このようなポイント抽選方式を採用しているのは、数ある証券会社の中でもSBI証券のみです。

 

≫ SBI証券への資料請求・口座開設はこちらからできます

 

ぶっちゃけチャレンジポイント戦術ってどんくらいの労力でどんだけ儲かるの?

やっぱり気になるのはコレだと思うんですよね。まずはこれをみてください↓

 

上の83ポイントは僕名義のもの。そして下の45ポイントは妻名義のもの。(我家は夫婦それぞれの名義から申し込んでいます)

これはつまり、僕は83回、妻は45回も抽選に外れたことを意味します…(笑)

ちなみに我家はまだ、この積み重ねたポイントを使って当選した経験はありません。S級のプラチナIPOが現れる、その時まで大事にとっておくつもりです。

 

が!そもそもこの程度ポイント数ではまだまだ足りないのが現実です。

これをみてください↓

 

上表は、過去にSBI証券が主幹事をつとめたIPOで、実際に当選に必要とされたチャレンジポイントの量を調べたものです。

(※必要ポイント数は、当選者がネット上で公表している情報を集めたもので、おおよそのデータです。SBI証券が公表しているデータはありません。)

銘柄にもよりますが、これをみるに当選にはおよそ200前後のチャレンジポイントが必要なことがわかります。

 

じゃあその200ポイントをためるには、どれだけの抽選に申し込んで外れる必要があるのか?

前述したように、チャレンジポイントは1回抽選に外れるたびに、1ポイントたまります。

過去のSBI証券のIPO取扱実績からすると、ここ最近のSBI証券は年間80件前後のIPOを扱っているので、200ポイント前後をためるには2~3年間ずっと申込を続ける必要があります。

 

3年っ!?そんなにかかるのかいな!ちょっと辛いかも…ケポっ|д゚)

って思う気持ちも分からなくもないですが、よく考えてみてください。

 

1件あたりのIPOの抽選申込作業に要する時間は、慣れれば1分もかかりません。

それに200ポイントもためなくとも、たとえば2017年3月9日に上場したピーバンドットコムのように、130ポイントほどで当選して、20万近い利益を獲得できるケースもあります。

 

1分の単純な申込作業をコツコツ続けるだけで、素人でもほぼ確実に数万~運がよければ数十万円の利益を生み出せる投資。

こんなに夢に満ちたワクワクするようなハナシはこの世にそうそうないと思うんですよね。

まさに知る人ぞ知る黄金の羽、だと思うんです。

 

SPONSORED LINK

 

チャレンジポイント狙いのIPO投資だって立派な資産運用。余裕資金があるなら今すぐやるべし!

先ほども書きましたが、僕はSBI証券に300万ほど入金しています。もちろんIPO投資のために。

でも完全抽選はハナから捨てて、チャレンジ抽選1本に的を絞るなら、資金は30~50万くらい(⇒これがだいたい1銘柄の抽選申込に必要な資金量です)あれば十分です。

 

もし銀行に塩漬けしていたり、タンスの肥やしになっているお金があるなら、IPO投資に回した方がよっぽど合理的だと思います。

このご時世、銀行に預けたところで利率はすずめの涙、金銭的メリットなんてほぼありませんからね。

 

投資なんてやったことないし、怪しいし、なんかめんどくさいし~(-_-;)

って人に是非おすすめしたい入門投資が、時間はかかるけども確実性の高い今回の手法です。

 

ということで次回の記事では、このチャレンジポイント狙いのIPO投資をさらに深堀りして、そのルールや留意点などを徹底解説していきます。

 

※証券口座の開設は手続きに少し時間がかかるので、IPO投資に興味のある人は、前もって開設申請しておくことをオススメします。

念のため添えておくと、証券口座は銀行口座と同じ様に、口座開設や口座維持するための手数料は一切かかりません。

開設だけして、その後まったく利用しなくてもお金はかかりませんし、勧誘の電話なども一切ないので安心してください^^

 

≫ SBI証券への資料請求・口座開設はこちらからできます

 

SPONSORED LINK


 

SOHTARO
散財・病気・転職と、人生コスパ最悪夫の資産形成術をフォローしてみませんか?失敗だらけのポンコツだからこそ伝えられる何かがあるはず!


『やさしいエクセル家計簿のはじめ方』を発売しました!

 

自称・家計簿オタクの作者が

「最も使いやすい家計簿を作ろう」というコンセプトで作成した

エクセルテンプレート&解説マニュアルです。

 

エクセル家計簿歴6年分のノウハウをすべて詰め込みました!

 

無料アプリや有料ソフトはイマイチしっくりこなかった方、是非お試しあれ\(^o^)/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です