【動画】SBI証券のIPOチャレンジポイントをためて新規公開株に確実当選するための手順を徹底解説!




当ブログではこれまでに、投資ド素人でも、かんたんに利益を出せるIPO投資(新規公開株)について何度か解説してきました。

「抽選申込 ⇒抽選 ⇒当選 ⇒上場と同時に売却」

こんなかんたんなルーティンをこなすだけ高確率で利益を残せちゃうので、投資初心者の人にこそ是非トライしてほしいと思うんです。

 

ただこのIPO投資、最大のネックになるのが「とにかくなかなか当選しない!」こと。

「当選=利益出たもほぼ同然!」なんですが、当選すること自体が最大の障壁となっています。

まあ当然ですよね。超オイシイ&数少ないお宝株を皆で争奪するわけですから。

僕もIPO投資をはじめて約3年ですが、申し込んでは落選の繰り返し。数百回申し込んでようやく1回当たれば良いほう。それほど競争倍率は高いです。

 

そこでご紹介するのが今回の主役=SBI証券のIPOチャレンジポイント戦略なんですね。

 

SPONSORED LINK

 

理論的にはいつか必ず当選する!SBI証券のIPOチャレンジポイント戦略とは?

もうご存知の方もいるかとは思いますが、一応おさらいです。

以前「IPOチャレンジポイントを使って新規上場株をゲットするしくみ」をこちらの記事で解説しました↓

≫ とにかく今すぐSBI証券のIPOチャレンジポイントをためるんだ!と僕が全力で訴えたい理由。

 

その趣旨は、かんたんにまとめるとこういうことでした↓

各銘柄にコツコツ申込み、落選するたびに1ポイントずつ付与されるIPOチャレンジポイントを貯め続けることで、理論的にはいつか必ず当選できる!

 

言いたいことは分かった。で、具体的にどうやったらそのIPOチャレンジポイントをためられるのさ?

という質問に答える形でアップしたのが、今回の記事となります。

 

SBI証券のIPOチャレンジポイントをためる方法・手順を分かりやすく解説します。

それではIPO投資初心者の方に向けて、各銘柄の抽選申込~当選確認までの要領を解説します。

 

まずはSBI証券の口座を開設しましょう。

まずは口座を開設しないことには何もはじまりません。

ということでサクッと口座開設しておきましょう!

≫ SBI証券への資料請求・口座開設はこちらからできます

 

SBI証券の口座に入金しましょう。

入金額は多いに越したことはありませんが、とりあえず50万円ほど入金しておけば、ほとんどの銘柄への申込が可能です。

(1銘柄の抽選申込に必要な資金は、10~50万円とかなりバラツキがあります)

ただし同日に複数銘柄の抽選が行われることもあり、取りこぼしなく、すべての銘柄に申し込んでいきたい方は、やはり多めに資金を入れておくのが吉です。

ちなみに僕は250万円ほどを入金しています。

 

入金方法はこちらの記事が参考になります。

おすすめの入金方法は、手数料がかからない入金方法①(即時入金)、もしくは入金方法③(ゆうちょ振替入金)です。

 

特に入金方法③は、ゆうちょダイレクト口座(ゆうちょ銀行のネット銀行バージョン)を保有していなくてもOK。

通常のゆうちょ口座さえあれば手数料無料で入金できるので、ほとんどの方はこれで用足りるのではないでしょうか。

 

IPO銘柄に申込み&抽選結果を確認しましょう。

いよいよここからが本題です。

SBI証券のIPO銘柄に申し込む方法と、抽選結果の確認方法を動画で解説しています。

ちなみにその手順はとっても簡単です。慣れればひと銘柄申し込むのに1分もかかりません。リアルに朝飯前に終了します(笑)

 

SBI証券のIPOチャレンジポイントを効率よくためるコツやポイント。

とにかく抽選参加できるIPO銘柄には忘れずに申し込んでコツコツためていく!

SBI証券から申し込めるIPO株は、取りこぼしのないよう、すべての銘柄の抽選に必ず参加するようにしましょう。

SBI証券のIPO取扱数は、業界の中でもトップクラスですので、当選に必要なポイント目安「200ポイント」くらいなら、3年あればためられるでしょう。

 

ちなみに、需要が低くて値上がりしにくい銘柄の場合だと、こちらの意に反して”たまに当選してしまう”こともありますが、その場合は「辞退」すればOKです。

SBI証券の場合は、当選後に辞退してもペナルティはありませんので安心です。

ただし辞退した場合、その銘柄のチャレンジポイント(1ポイント)はもらえません

 

家族口座(複数名義)それぞれでIPOチャレンジポイントをためていく!

うちも夫婦それぞれSBI証券の口座を持っているので、2名義分のチャレンジポイントをため続けています。

夫名義↓

妻名義↓

 

僕の名義はようやく100ポイントに到達できそうなところまできました。

妻の分は正直、もっと早く着手しておけばよかったな~と後悔しております・・・^-^;

とにかく「申込&落選」を繰り返すだけで勝手にポイントがたまっていき、数年すれば確実にIPO株をゲットできるわけですから、IPOチャレンジポイントは早めに始めた人が得するしくみです。

 

ですので家族口座を作れる方は、家族に協力をお願いして、人数分のポイントを並行してためていくことをおすすめします。

家族口座の場合、本人以外の人が投資判断や取引などをしてしまうと、借名口座(借名取引)という違法な取引となってしまいますので要注意です。あくまでも家族に協力をお願いするという形をとりましょう。

 

IPO専門情報サイトをうまく活用して、申込作業にかかる時間を最小限にする!

僕がいつもお世話になっているのが「やさしいIPO株のはじめ方」というIPO専門サイト。

とても見やすく分かりやすいサイトで、SBI証券が扱うIPO銘柄や申込時期などを把握できるので重宝します。

SBI証券にログインして、いちいち申込できる銘柄をチェックする手間が省けるので、時間と労力を大幅に節約することができます。

 

さいごに。SBI証券のIPO株で自分にご褒美を。

頑張ってためたIPOチャレンジポイント200ポイントを使って無事IPO株に当選、仮に利益30万円を手にした場合、1ポイントの対価は1,500円となりますね(=30万円÷200ポイント)。

1ポイントゲットするのに要する申込作業時間なんて、たかだか1分程度ですから、そう考えるとものすごい労働対価。

SBI証券のIPOチャレンジポイントはほんとにすごいしくみだ・・・。

 

まあ、この手法だと「世のため人のため」という投資の本質からは外れますが、まあそういう社会貢献は個人型確定拠出年金などで実現するとして、、、

 

IPO株は純粋に楽しむ趣味として、自分へのご褒美として、毎日コツコツため続けていけばいいと思います。

IPOは当たりやすい宝くじなんていうけれど、IPOチャレンジポイントをため続けることで、その夢が一歩ずつ近づいてくる気がします。

すぐに結果の出る投資ではないですが、僕も夢をみながら、今後も粛々と申込続けます(*´ω`*)♪

 

≫ SBI証券への資料請求・口座開設はこちらからできます

 

SPONSORED LINK


 

SOHTARO
散財・病気・転職と、人生コスパ最悪夫の資産形成術をフォローしてみませんか?失敗だらけのポンコツだからこそ伝えられる何かがあるはず!


『やさしいエクセル家計簿のはじめ方』を発売しました!

 

自称・家計簿オタクの作者が

「最も使いやすい家計簿を作ろう」というコンセプトで作成した

エクセルテンプレート&解説マニュアルです。

 

エクセル家計簿歴6年分のノウハウをすべて詰め込みました!

 

無料アプリや有料ソフトはイマイチしっくりこなかった方、是非お試しあれ\(^o^)/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です