国民年金追納をnanacoカード×楽天デビットカードJCBで断然お得にする方法。

2016年6月24日追記
先日、読者さんから頂いた情報によると、今年2016年9月から、楽天デビットカードでのnanaco含め電子マネーチャージは楽天ポイント付与対象外になってしまうそうです・・・残念!(;_;)
⇒ http://www.rakuten-bank.co.jp/info/2016/160620.html

楽天ポイントがもらえなくなってしまったので、マネーチャージに楽天デビットカードを使うメリットはなくなってしまいました。(泣)

そこで代替カードを探してみたところ、楽天カードJCBを使えば、引き続き楽天ポイントの付与対象になるようです。
ということで、これからnanacoチャージを考えている人には、楽天カードJCBをオススメします!

僕も上記の制度改正を受け、楽天カードJCBを新たに発行しました。^^↓

楽天カードJCBは間違いなく最強の年会費無料カードだ!

2016.05.27

楽天カードブランドをJCBへ変更する方法を徹底解説!※楽天ポイントはなくなりません。

2016.08.28

 

先日、試算した僕の国民年金追納額と節税額。

その費用対効果を簡単にまとめると、、、

40か月分の国民年金599,280円を追納すれば、89,892円の節税ができて、将来の年金受取額が年間65,000円増える!そして74歳以上生きれば元がとれる!

というものでした。

そして去年のクリスマスイブに、町役場に出向いて追納申請したところ、その2日後にはその納付書が送られてくるという超スピード対応。

さすが日本年金機構、資金供給者に対しては、すこぶるアクションが早いです。(笑)

SPONSORED LINK

国民年金追納はどうやらnanacoカード支払いがお得らしい。

さて、問題はその599,280円分をどうやって支払うかということ。

普通は納付書をコンビニに持っていって現金支払い、というのが一般的なんでしょうが、、、なんせ額が額なもんだから、もうちょっとお得に支払う方法を考えたいもの。

真っ先に考えたのが、ポイント還元を狙ったクレジットカード払いですが、この手の支払いはカード不可らしい。自動車税とか国民健康保険料とかもそうですが、カード払いできないのはイタイですよね。。

で、それに代わる方法を調べてみると、どうやらnanacoカードで支払うのが最もお得になるらしい、というのが分かってきました。

そしてこれはなにも国民年金に限った話ではなく、自動車税とか国民年金保険料、水道代など、今までクレジットカード払いができなかった色々な公共料金支払いに適用できるらしい・・・。

nanacoカード活用法については、こちらの記事が参考になります。

 参 考  セブンイレブンでnanacoカードとクレジットカードを併用して年間4万円以上税金を安くできたやり方のまとめ

いやあ・・・、世の中知らなきゃ損することがいっぱいありますね・・・。

そもそもなぜnanacoカードで支払うとお得なのか。

僕は最初、nanacoカードで年金を支払うとnanacoポイントが貯まるのでお得、になるのかと思っていましたがどうやら違うようです。むしろ税金や保険料などの支払いはnanacoポイントが貯まらない、とのことですので要注意です!

じゃあ、一体なぜお得になるのか?

そのカラクリは、クレジットカードを使ってnanacoカードに現金チャージすることで、その額に応じたクレジットカードポイントが貯まるというもの。

 

たとえば、nanacoカードにクレジットカードを使って10,000円チャージすると、、、

10,000円 × 1% = 100円のクレジットカードポイントが貯まる!

ということになります。

 

なるほどねえ・・・、直接クレジットカード払いができなくても、この方法なら間接的にカード払いができてることになるわけか。。皆さんよく考えてますな。

nanacoカードへの現金チャージは楽天デビットカードJCBに決定!

で、キーポイントはどのクレジットカードを使うかです。実はnanacoカードへチャージできるクレジットカードは限られています。

 

我家は楽天カードを所有していて、楽天スーパーポイントを貯めてるので、迷わず楽天カードに決定!と思ったのですが・・・

実はnanacoに現金チャージできる楽天カードはJCBのみで、我家の場合はVISAのため利用できないことが判明・・・。

VISAからJCBへの変更は、一度カード解約して新規発行しなきゃいけないらしく、こりゃあめんどくさいな~と考えあぐねていたところ・・・。こんな記事を発見!

 参 考  楽天銀行デビットカードJCBもnanacoチャージで還元率1%もらえます!

デビットカードは正確にはクレジットカードではないけれど、銀行口座の残高分まではクレジットカードと同じ要領で使えるらしい。しかも楽天カード同様に支払額の1%が楽天スーパーポイントとして貯まるとのこと。

なるほど、デビットカードという手があったか・・・。まさに願ったり叶ったり!この記事を書いてくれたneronaさんに感謝です。

nanacoカード×楽天デビットカードJCBでどのくらいお得になるのか?

気になるお得度を計算してみましょう!楽天デビットカードは支払額の1%還元なので、、、

599,280円 × 1% = 5,992円

つまりnanacoカードに楽天デビットカードで599,280円チャージすることで、5,992円分の楽天スーパーポイントが貯まってお得!ということになります。

約6,000円もお得になる計算ですね。この効果は大きいな~。良い方法に巡り合えてよかった。^^

よし、理屈は分かった!あとはカード手配&頑張って追納するのみ!

nanacoカードはセブンイレブンにて発行手数料無料キャンペーン時に発行しました。セブンイレブンでは、定期的にこういうキャンペーンをしているので、これを狙い撃ちするとお得です。

 

そして楽天デビットカードは、まず楽天銀行口座を開設する必要があります。

僕の場合はすでに楽天銀行座を開設していたので、こちらから申込んで約2週間後に無事到着。

IMG_2509

この2枚のカードを使って国民年金599,280円を3カ月間で一気に追納しちゃいます。正直この出費はかなり痛いけど、老後のために若いうちに頑張ります。

さて、今回も生きるための節約術を一つ獲得することができました。

まだまだ我家の家計基盤は安定とはいえないけれど、こういう小さいことの積み重ねで、少しずつ資産を増やせていけたらいいなって思います。

SPONSORED LINK

 

SOHTARO
散財・病気・転職と、人生コスパ最悪夫の資産形成術をフォローしてみませんか?失敗だらけのポンコツだからこそ伝えられる何かがある!(はずw)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です