【虹別オートキャンプ場】道東で静かに落ち着いたキャンプをしたい人におすすめ。

僕はバーベキューとかダッチオーブン料理、焚火やキャンプなどの野遊び(火遊び?)が大好き。

実家が昔、牧場を営んでいて、小さいころから自然や動物に囲まれた生活が当たり前だったせいか、幼少期の遊びがそのまま趣味につながっているのかも。。

どちらかというと、みんなでワイワイやるより、嫁さんとマイペース&静かにやるほうが好きです。休日はできるだけ人と会いたくないので。(笑)

さて今日はそんな僕が、いつも野遊びしているお気に入りの場所「虹別オートキャンプ場」について、その魅力を存分に語り倒してやろうと思います。

SPONSORED LINK

虹別オートキャンプ場は道東のへそにあり!静かで落ち着いた穴場的キャンプ場。

虹別オートキャンプ場は2000年に開設された、北海道は標茶町・虹別にある、どちらかというと高規格の(でも利用料金は安い)キャンプ場です。

IMG_3202

なにげに右上の方にシマフクロウがいるの、気づきました??(笑)

 

近郊にはライダーやファミリーにも超人気の「和琴半島湖畔キャンプ場」なんかがありますが。それに比べると、こちらの虹別オートキャンプ場は、立地・知名度ともに少しジミ~な印象。

そのせいかシーズン中でも、虹別はわりと空いていることが多いのですが、、、美しい自然や清潔感のある施設、その割に料金は安いので、まさに穴場的なキャンプ場なんです。ココは。

なので僕的には、あまり混まないでもらったほうがありがたいw

 

まずは管理棟の紹介。お洒落な外観。暖炉もあるよ。

これが管理棟の外観。

IMG_3300 IMG_3206

 

入口には、かわいい植花鉢がふたつ。いいね~こういう演出は心がほっこりする…。

IMG_3211

 

これがカウンター。きれい。

IMG_3216

 

エントランスにはテーブルやチェアも。

IMG_3218

 

そしてその真ん中には、黒塗りの大きな暖炉もあります。

IMG_3213

暖炉のあるキャンプ場なんて珍しいんじゃないかな??

これがあるだけで絵になりますよね~。ここで記念写真とってもよさそう。

 

こちらはエントランスにある雑誌類。

「KUSHILOG」という根室管内の情報誌などが置いてあり、自由に読むことができます。

IMG_3231

 

清潔感のあるお手洗い。きれいに管理されています。

IMG_3220 IMG_3221

 

こちらはシャワー室。

ちょっと小さいですが、必要にして十分。テント設営でひと汗かいた時にも重宝しそうですね。

IMG_3223 IMG_3225

 

コインランドリーや自動販売機もあるのはありがたい♪

IMG_3227

 

IMG_3228 IMG_3297

 

フリーサイトの紹介。よく整備された芝生が気持ちいい。適度に残された樹木もまたイイ。さらにセミオートサイト!なんだな~。

フリーサイトは僕が一番よく利用するサイト。↓

こんなふうに広~い芝生と適度に残された樹木が、イイ雰囲気を醸し出してます。

IMG_3240 IMG_3306

 

僕はこの雰囲気が好きで。シーズン以外は利用客もそこまで多くないので、落ち着いて過ごせますしね。

フリーサイトの場合、デイキャンプ(日帰り)なら100円、キャンプでも1泊360円と格安料金なのも魅力。

 

今回、撮影会のために訪れたのは5月中旬。なので芝生や樹木の緑はまだ5割ほど。これからどんどん緑が眩しくなるはずです。

ここのフリーサイトの良いトコロは、駐車場と隣接していること。こんなふうに。↓

IMG_32381 IMG_3244

 

車から道具を降ろしたら、すぐ目の前で設営スタートできるんですね~。

フリーサイトによくありがちな、息を切らして汗水流して、何度も車とサイト間を移動する必要はなし!この手軽さが嬉しいんですよね。

SPONSORED LINK

広大な芝生広場。子供と遊ぶのに最適。アスレチックもあるよ。

広い、とにかく広い!

こっちもフリーサイトにしてもよかったんじゃない??って思うほど広い。(笑)

IMG_3248 IMG_32491

 

ちょっとした遊具もあります。いつかここに子供連れてきたいな~。

IMG_3251

 

炊事場やバーベキューハウス、トイレも清潔感があって好印象。

炊事場はL字型になっており、十分なスペースが確保されています。

IMG_3257

 

石造りの大きなテーブルもあるので、食材の準備に重宝しそうです。

IMG_3259

たとえば、野菜洗って皮むいてカットして~、なんてことをこのスペースで完結できる。

いちいちテントサイトとの往復をしなくて済むので非常に楽ちんなんですね~♪

 

大型のバーベキューハウスもありますよ。

大所帯でも、雨が降っても、ここなら安心してバーベキューできますね~。

IMG_3290

 

そして、こちらは管理棟にあるトイレとは別の、もう一つのトイレ。

キャンパーは、テントサイトからより近いこちらのトイレをよく利用することになるでしょう。

こちらも清潔感あって文句なし!

IMG_3268 IMG_3266 IMG_3264

 

シュワンベツダム湖で魚釣りや水遊びもできます。

虹別オートキャンプ場の敷地内には、シュワンベツダムという小さなダムもあります。

IMG_3272

 

このダムは昔、この地域の電化も目的として設立された、水力発電用のミニダムです。

魚釣りや水遊びには楽しそう場所です。子供が喜びそう!

IMG_3281 IMG_3279 IMG_3274 IMG_3278

 

個別サイトの紹介。十分なテントスペースを確保したいならこっち。もちろん屋外電源付き。

お金を払ってでも十分なテントスペースが欲しい!って方におすすめの個別サイトです。

IMG_3284 IMG_3263

周辺には自然のままの木がたくさん残っており、隣サイトとの天然の間仕切りになっています。

もちろん屋外電源付き。

 

パーティーサイトの紹介。プライベート感がたまらないサイト。

個別サイトから少し離れて、一本道を進んでいくと、、、

IMG_3286

 

ありました!こちらがパーティーサイト!

IMG_3288 IMG_3287

四方が木々に囲まれており、周辺からのぞかれる心配もなく、プライベート感がたまらないサイトです。

広い芝生と駐車スペースのおかげで、大所帯でのキャンプやバーベキューが可能です。

誰にも邪魔されずに、静かにキャンプを楽しみたい方にもおすすめですね。

 

虹別オートキャンプ場にはコテージやバンガローもあるよ。

テントを張らずにお気軽に自然を満喫したい!という方には、コテージやバンガローがいいかもしれません。

僕も友人が北海道旅行に来た際にここのコテージを利用したことがあります。

IMG_3292 IMG_3294 IMG_3296

いうまでもなく、ストーブやシャワー、冷蔵庫や電気ポット、電子レンジや寝袋、マットレスなどがあるおかげで快適そのもの。外にある木製デッキで、バーベキューを楽しむこともできます。

ただ、備え付けのバーベキュー炉は移動できないので、皆でコンロを囲んでワイワイやりたい方は、別途自前のコンロを持っていくとよいでしょう。

コテージは繁忙期になると混雑するので、予約はお早めに!

 

そしてバンガロー。

IMG_3255

こちらは正直あまりおすすめできないですね~。

管理人さんに頼んで内部を見せてもらったことがありますが、内部は簡素な造りで、あまり清潔感があるとはいえないです。。

窓も少なく、2畳くらいのスペースしかありません。ただの小屋です。(笑)

狭いのはいいとして、もう少し気持ちよく過ごせる空間に改善してほしいものです。

SPONSORED LINK

虹別オートキャンプ場は道東で静かに落ち着いたキャンプがしたい方にオススメ。

近郊には全国的にも有名な「和琴半島湖畔キャンプ場」もありますが、こちらは混雑することが多く、マナーの悪いキャンパーが多いのも事実です。

僕も、夜中まで騒ぐ非常識キャンパーのおかげで、かなり不快な想いをしたことがあります。^^;

 

その点、虹別オートキャンプ場は、あまり混雑することもなく、快適な時間を過ごせる印象があります。静かで落ち着いたキャンプがしたい方にオススメしたいキャンプ場です。

 

ちなみに大型ショッピングセンターがある中標津町までは車で30分ほど。また最寄りの温泉までは車で10分ほどです。

個人的におすすめの温泉は、ちょっと離れますが、車で20分程のところにある養老牛温泉「湯宿だいいち」です。木のぬくもり溢れる雰囲気最高の湯宿です。

 

今年の夏、道東キャンプをご検討の方は是非、虹別オートキャンプ場を候補に入れてみてはいかがでしょうか。

SPONSORED LINK

 

SOHTARO
散財・病気・転職と、人生コスパ最悪夫の資産形成術をフォローしてみませんか?失敗だらけのポンコツだからこそ伝えられる何かがある!(はずw)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です