SOHTAROプロフィール

↑高知県・桂浜にて(2016年11月)。幼少期に高知在住の祖父母によく連れてきてもらった想い出の場所です。

 

皆さまはじめまして^^

SOHTARO(@minlife2016)と申します。

少しずつですが、このブログに遊びに来てくれる人が増えてきたので、名刺代わりに僕のプロフィールページを作ってみました。

 

とはいっても、なんとなく俗世や人間社会を避けて生きてきた僕。

…なんですけど、気の合う人だとわかると、距離感を保ちつつシッポ振って喜びます。

そんな人付き合いが苦手なくせに、結構寂しがり屋という、ツンデレ体質のめんどくさい管理人のプロフィールですが、よければどうぞ(´・ω・`)

 

家族構成や住んでいる場所など

北海道・道東の田舎町に妻と二人暮らしです。人よりも牛の方が多いかもしれません。

たまに牧場から脱走した牛が、公道をてくてく歩いている、そんなのどかな酪農地帯に住んでいます。ちなみに鹿・キツネ・鶴などは、常に道路横断の常連です。

 

牛乳の生産量は道内でもトップクラスだと思うんですが、実は漁業も盛んなところで、カニ・ホタテ・牡蠣・ホッケ・サケなど、極上海産物の宝庫でもあります。

夫婦そろって食べることが大好きなので、道内の美味しいものイベントとか、絶品B級グルメを見つけるとすぐ行っちゃいます。

 

ちなみに冬はマイナス20℃まで下がるくらいの厳寒地なので、7~8月以外はストーブが必須。

せめてもの短い夏を満喫すべく、眩しいお姉さんのいるビーチを探していたら、地元人から「そんなもんあるか!海水浴なんてしたら凍死するわ!道東の海ナメんな!」と一蹴されました。

道東には海水浴という文化がないみたい。(同じ北海道でも、道央や道南にはちゃんとビーチがあるのですよ…)

 

生い立ち

1984年生まれ・北海道の中でも割と暖かめの道南育ちです。

家業は牧場を経営していたので、幼少期は動物や自然に囲まれつつ、リアルターザンみたいな生活をしていました。(さすがに服は着ていましたが)

 

遊びのフィールドはそのへんの野山。喉が渇いたら川の水を飲み、おやつ代わりに山ブドウや野イチゴを食べてました。

家業の性格上、ペット兼食料調達源として動物をたくさん飼っており、自宅の周りにはヒツジ・ニワトリ・ウサギ・ロバ・ヤギなど、まあ色んな輩がウロウロしてました。

そのせいか分かりませんが、なぜか動物ウケは良いです。動物に好かれるオーラが出てるのかな?わりとすぐに友達になれます。

 

その一方で性格は人見知りでマイペース。

幼児期の友達は動物しかおらず、人間社会から隔絶されていたせいか、初めて保育園に連れていかれた時は、母親と離れたくなくてギャン泣きし、保育士のお姉さんに羽交い絞めにされたことは鮮明に覚えています。

きっとこの時点で、僕の人格はほぼ決定されていたんでしょう(笑)

人がうじゃうじゃいるコミュニティに自分をうまく溶かすのが苦手なのは、今も昔も一緒です。

 

小学・中学は地元の学校に通い、ゆとりへの変遷世代として平穏に育ちました。

自分でいうのもなんですが、童顔&低身長のせいで可愛がられることが多かった。ただ本人はそれが不満であり、頭をなでられる度に「子供扱いするな!シバくぞ!」と激怒していました。なんてかわいらしい…。

ちなみに今でも童顔の片鱗は残っているらしく、こないだ25くらいの姉ちゃんに年下呼ばわりされた。もう32なのに…。

 

高校は親元を離れて函館の高校へ。

身長はぐっと伸び(それでも167だけど)、顔つきも少しだけ精悍になり、悪いことをたくさん覚えました。

ちなみに寮生活だったので、当然のごとく人間関係に苦労しました。上下関係もキビしかったので入寮1年間くらいは暗い記憶しかないです。

が、その後は悪友に恵まれたおかげで、マジメさと不マジメさをうまく使い分けつつ、函館を舞台にたくさん遊びました。

中学までは絵に描いたようなクソまじめ少年だったんですけど、このころから少しずつチカラを抜くことを覚え、性格的にもだいぶマイルドになった気がします。

ただ単独行動が好きなのは相変わらずで、友人の誘いを断って、函館山の奥地にあるカフェ「モーリエ」で、夕日を見ながら一人でお茶するという、かなりの変人っぷりを発揮していました。

 

大学は道外の工学部へ。

交友関係も再構築され、たくさんの出会いと別れ、嬉しいこと悲しいこと、とにかくおびただしいほどの感情と出来事が凝縮された4年間でした。

学業とうまく両立させつつ、とにかく遊びに恋にバイトに全力投球でしたね。

メカメカしいモノが好きで、かつ乗り物好きだったので、内燃機関系の研究室に配属。熱心に研究活動に勤しむかと思いきや、大型二輪免許を取得してバイクツーリングをしまくりました。

就職活動はそこそこ順調で、大手機械メーカーからの内定が数社あったものの、北海道に戻りたいという想いを優先して入社先を決定。

 

DSC_01381

ついでにウチの妻も簡単にご紹介します。1982年生まれの北海道道央育ち。

札幌近郊の都市で幼少期~社会人までを過ごす。割とナイーブな性格の夫と違い、基本的に性格はポジティブ。人付き合いもウマいです。

ただ好き嫌いがハッキリしているので、ウマが合わない人とは衝突します。

ネコと関ジャニ8への愛情は半端ない。お祭り大好き。童顔のせいで子供っぽくみられることを本人はとても気にしています。

僕が好き勝手にブログ書けるのはこの人のおかげ。

妻はこのブログを含めて、複数サイトの運営管理をしており、専業主婦をしながらネット収入源を構築してくれています。

 

職業遍歴

新卒採用された会社では機械エンジニアとして社会人スタートを切りました。

が、1年目でまさかのうつ病となり、早くも人生のXデーを迎えます(笑)

うつ病で退職。農業に転職した負け組・理系院卒の人生を変えたXデー。

2017.01.11

 

入院生活の中で、自身の働き方・生き方に対する価値観修正を余儀なくされました。結局、新卒入社した会社は3年で退職し、その後は畑違いの農業に転職。

このブログを書いてる今頃は、大学時代に得た専門知識をフル活用して中堅社員としてバリバリ働き、資産1,000万円も余裕で達成!…してる予定がすべて狂った。

 

まあ、それもこれも我が人生。

「まずは自分を幸せにすることがまわりの人の幸せを呼ぶはず」という信念を得てからは、特に後悔や後ろめたさは感じなくなりました。

羊飼い→酪農ヘルパーを経て、現在は酪農法人のサラリーマン。

 

牛に舐められてヨダレまみれになったり、牛のウンチが顔に飛んできたり、牛に足を踏まれて悶絶したりと、3Kを代表するような仕事ですが「生きてる実感」は強烈に感じます。

これはエンジニア時代にはなかった感覚。転職直後は月収10万円という極貧時代もありましたが、最近ようやく貯蓄できるほどまでに家計が回復しました。

機械エンジニアから農業に転職した男の年収推移をまとめてみた。

2017.01.04

 

趣味や生きがいなど

キャンプ&素潜り&釣り

元々キャンプ好きだったのは妻。彼女の影響で完全にハマりました。今は脱出しましたが、かつては道具沼にどっぷりでした。

湖の前で読書したり、焚火しながら星空を眺めたり。非日常の時間&そんな自分に酔っちゃう自己満趣味。「あ~、俺、今生きてるなあ…」って思える瞬間がたまらない。

素潜りは幼少期からの趣味。アワビやウニ採取の技術は海女さん並み。

釣りは2016年のサケ釣りから本格デビュー。道具沼、再び出現…。

【虹別オートキャンプ場】道東で静かに落ち着いたキャンプをしたい人におすすめ。

2016.06.06

【水中動画】せたな町・ふとろ海水浴場のハンパない透明度に感動!

2016.07.03

 

食べること

先ほども書きましたが、我らがグルメ夫婦。人生の半分はこのために生きてる、といってもいいほど。

食べることは生きること。なので食費を無理に削ることはしません。

インデアンカレーが好きだっ!!みよしのじゃなくてココイチでもない!帯広発祥のB級グルメは僕のソウルフードに。

2016.08.07

美幌町・点香苑の豚まんに恋をした。デカい美味い安い三拍子そろった最強豚まんを食べてみてほしい。

2016.12.30

 

エクセル家計簿

元々は管理人である僕が、実益と趣味を兼ねてやっていたもの。今では重要な資産形成の戦略ツール&このブログの看板メニューに。

ちなみに妻は家計に一切タッチせず。我家は夫である僕がすべての家計管理を担っています。

『やさしいエクセル家計簿のはじめ方』を発売しました。進化し続けるSOHTARO流テンプレート付きです。

2017.06.20

 

カメラ&バドミントン

カメラは2016年の高知帰省旅行がキッカケで購入。ブログ運営ツールとしても重宝しています。

バドミントン歴は3年くらい。主に職場の先輩と活動。プライベートはパソコン前に座りっぱなしが多いので、このエクササイズが本当に重要だなと感じる今日この頃。

 

このブログに対する想い

散財・病気・転職と、特に社会人デビューしてからの数年間は、常に下り坂を駆け下りてる、いや転落してる感覚でしたが、結果的にブログネタになってラッキー!と思えるようになったことは自分でも面白いです。

僕の大好きなブロガーさんが言っていた、「人生死ぬこと以外はかすり傷」の意味を身をもって知りました。

 

一方で、僕の社会人人生には、常にお金との闘いがつきまとっていたことも事実です。

メンタルの弱さが仇となり、支出や収入を大きく左右する場面が何度もありました。ただそのおかげで、人一倍のマネーリテラシーを強制的に身につけられたことは幸いでした。

このブログではそんな教訓をもとに、僕なりの節約術・貯蓄術・投資術などを記録していくことをテーマの一つとして掲げております。

≫ ブログテーマについてはこちらもどうぞ

 

牛の乳搾りやってる元・理系卒エンジニアなんて、全国探しても居ないと思います。たぶんね。

そんな異端児のキテレツ人生や、泥臭い資産形成の過程を、好奇の目で見てもらえるとブロガー冥利に尽きます。

 

こんな変わった遍歴を持つ不器用夫が綴るブログですが、どうぞお気軽に遊びにきてくださいませ。

コメント・メールなども常に大歓迎ですので。

どうぞよろしくお願いします^^

 

2017.3.25 SOHTARO