お金がない人こそ「つみたてNISA」で投資すべき!そのしくみやメリットを解説。




2018年1月より、国が推奨する積立投資「つみたてNISA」なるものがはじまるらしいのです。

数分ほどリサーチした結果、やることにしました。つみたてNISA。

「投資」と聞くと、ある程度所得があって、余裕資金のあるお金持ち向けの資産運用と思われがち。実際、僕も以前まではそう思ってましたね。

っが、しかし!つみたてNISAは、日本が本気でその概念を覆すべく新設した、いまこそ一般庶民がトライすべき投資なのである。そう理解しました。

 

ということで、今回は自分のためにも、つみたてNISAのしくみやメリットをできるだけ分かりやすくまとめてみます。

 

SPONSORED LINK

 

収益は特別に非課税にしてやる!だから庶民は少額投資でいいから資産増やしとけ!by日本国

かんたんにいいますと、↑こんなメッセージが込められた、お国推奨の投資なんです。つみたてNISAは。

 

そもそもつみたてNISAの前身として「現行NISA」の存在があります。

さらにいえば、NISAの元祖である一般的な通常投資があります。NISAが誕生する以前は、投資といえばこの通常投資のことを指しました。

 

要点だけピックアップしますと、つみたてNISAと現行NISAに共通する最大のメリットは、投資で得られた利益に対して、一切税金が一切かからないこと!そう、つまり非課税なんです。

たとえば投資で1万円儲かった場合、通常投資なら2千円が税金としてもってかれます。でもNISAならそれがない。1万円そっくりそのまま自分のフトコロに入れちゃってOK。

これが通常投資にはない、NISAの圧倒的なメリット。すんばらしいですよね、この制度↓

 

で、おなじNISAでも「現行」と「つみたて」には、こんな違いがあります↓

  • 現行NISA 【年間120万円 × 5年間】は非課税
  • つみたてNISA 【年間上限40万円 × 20年間】までの運用収益は非課税

 

詳細はこちらをどうぞ↓

 

つまり、つみたてNISAの趣旨としては、より少額のお金を毎月・毎年コツコツ、長期的に投資せよ、というお国のメッセージが込められています。

つみたてNISAは、我家のように年間120万も投資できそうにない、零細投資家=一般庶民のフトコロ事情をくんで、新たに設定された「お手軽投資」ともいえます。

「年間40万円までの運用益は非課税にしてやっから、おまえら、20年間コツコツ積み立てしとけえ!そして資産増やせや!」てなかんじでしょうか。

年間40万円、月にすると3.3万円くらい。うん、このくらいなら我家でも継続して投資できるかな・・・。

 

ちなみに現行NISAは2023年に制度終了を迎えます。そしてつみたてNISAに一本化されます。このことからも国としては、今は現行NISAよりもつみたてNISAを推していることがわかりますよね。

 

つみたてNISAは儲かるのか?どのくらいの利益が狙えるの?

投資未経験の方なら、やはり興味はここに集約されますよね。ということで、楽天証券の積立シミュレーションを使って試算してみましたよ。

年間40万円まで可能な投資ですので、つまり、月あたり約3.3万円まで投資できます。

それを20年間続けると、元本は約800万円まで突っ込むことができます。年利5%もいけば優秀な投資商品といわれておりますが、ここは手堅く&期待をこめて、年利3%で試算してみると、、、

 

20年後には1,083万円に増える計算に。つまり、、、

 

約800万円投資&ほったらかし運用で、20年後には約290万円もの利益が狙える、という夢のような結果に!ほほう・・・。

もちろんリターンがさらに増えているのか、あるいは元本割れを起しているのか、その結果は「神のみぞ知る」ところ。

・・・っが!ひとつハッキリしているのは、繰り返しになりますが800万円までの投資範囲であれば、その運用益はすべて非課税になるってこと。290万の利益が出たら、通常投資なら60万近く税金として差っ引かれますが(20%)、つみたてNISAの場合は一切税金がかかりません。

なんたってつみたてNISAは運用益非課税。それはゆるぎないメリット。投資の世界において、こんなにオイシイ話はなかなかないってもの。

 

我家のエクセル家計簿によれば、2017年分の現金残は(=銀行に預けているお金)、120万以上あります↓

 

このまま銀行に預けていても鼻〇ソみたいな利子しか付かず、死に金になるだけなので、このうち年間40万円をつみたてNISAにシフトさせます。

もちろん投資なんで儲かる保証はどこにもないんですけどね。ただ20年の長期投資なんで、短期的な上下はあっても、20年後には利益が上乗せされてることを期待しています。日本経済の発展とともに。

 

SPONSORED LINK

 

つみたてNISAと現行NISAの併用はできるのか?答えは「不可」!

現行NISAの120万円と、つみたてNISAの40万円をあわせれば、年間160万円までは非課税運用できるのでは?と。僕もそう思いました。

(まあ、現実問題としてそんなに余裕資金は、我家にはありませんが・・・笑)

 

しかし残念ながらこれはできないルールとなっております。両者の口座を同時開設はできません。必ずどちらか一方を選ぶ必要があります。

我家のようにすでに現行NISAで運用している場合、つみたてNISAにスイッチしたければ、まず現行NISAで保有している資産をすべて売却し、あらたにつみたてNISAの口座を開設する必要があります。

 

SPONSORED LINK

 

つみたてNISAの商品は金融庁のお墨付き!条件をクリアした厳選商品のみがラインナップされている。

投資初心者にとって、これも嬉しい情報!

国内に5千本はあるといわれる投資商品の中から、ベストな商品を選択するのは考えただけで気持ち悪くなります・・・。

しかしつみたてNISAの場合は、金融庁が設定した信託報酬(手数料)や純資産額、運用期間などのフィルタリング条件をクリアした商品のみが、ショーケースにならんでいます。

厳選された結果、その数は2017年10月現在、114本までしぼられているとのこと。これなら投資初心者でも商品選びがやすいですね(^^♪

 

フィルタリング条件をもう少し詳しくまとめますと、こんな感じ↓

※全商品ノーロードであることが前提(=購入手数料が無料)

信託報酬
①インデックス型投信
(TOPIXなど国内資産に投資するもの)
0.5%以下
②インデックス型投信
(MSCIなど海外資産に投資するもの)
0.75%以下
③アクティブ型投信
(国内資産に投資するもの)
1%以下
④アクティブ型投信
(海外資産に投資するもの)
1.5%以下

③④共通の要件 ~ 純資産額50億円以上で、運用開始から5年以上経過、運用期間の2/3は資金流入している(=資金が集まって順調に運用ができるもの)

 

インデックス型とかアクティブ型の意味についてはこちらをご覧ください↓

イデコ(個人型確定拠出年金)に関する記事ですが、投資の基礎知識の部分なんで、つみたてNISAにも適用できます。

個人型確定拠出年金(イデコ/iDeCo)の金融商品選び方【その1】。資産クラスやリスクリターン、運用方針の違いについて。

2016.11.07

 

さいごに。つみたてNISAを運用できるおすすめ金融機関は?

代表的な金融機関(証券会社)は数社ありますが、結論からいいますとSBI証券もしくは楽天証券の2択でOKだと思います。

この2社であれば、現在ラインナップされているほぼすべての商品をカバーしていますので。

また、両者とも最低投資金額は100円(!)からはじめられます。100円なんで、損失を気にすることなく、とりあえず遊び感覚でやってみたい、という方には最高ですね(笑)

 

しかし、もうひとつ有力な証券会社を挙げるとすれば、それはセゾン投信。実はこれが僕の本命だったりするんですが(笑)

以前、セゾン投信がリリースしているセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドについて書きましたが、まさにこれが今もっとも気になっている商品なんです。つみたてNISAの開始にともない、つみたてNISAでもこの商品が運用できるようになりました。

ちなみにこの商品は、セゾン投信でなければ購入できません。いわゆる「直販型」ってやつです。これを機にセゾン投信、開設しちゃおうかな・・・。

⇒  セゾン投信の申込はこちらからできます

 

最後に、運用に伴う手数料(信託報酬手数料)ですが、これはどの金融機関を選んでも変わりません。この手数料は商品ごとに決められているからです。

ですから結局のところ、金融機関選びの材料としては「じぶんの好きな金融商品があるか」、これに尽きるのではと僕は思います。

株なのか債券なのかバランスなのか(資産クラス)。インデックスなのかアクティブなのか(運用方針)。そして信託報酬手数料(コスト)。

これらをファクターにしてお気に入りの商品を選びましょう!

さて、我家もこれからじっくり吟味してみます・・・。

 

SPONSORED LINK


 

SOHTARO
散財・病気・転職と、人生コスパ最悪夫の資産形成術をフォローしてみませんか?失敗だらけのポンコツだからこそ伝えられる何かがあるはず!


『やさしいエクセル家計簿のはじめ方』を発売しました!

 

自称・家計簿オタクの作者が

「最も使いやすい家計簿を作ろう」というコンセプトで作成した

エクセルテンプレート&解説マニュアルです。

 

エクセル家計簿歴6年分のノウハウをすべて詰め込みました!

 

無料アプリや有料ソフトはイマイチしっくりこなかった方、是非お試しあれ\(^o^)/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です