年間4千円の水道代節約に!我家流、お風呂・シャワーの残り水をトイレ洗浄に使う方法。

我家流!と自慢できるほどインパクトのあるノウハウではありませんが。。

今日は我家が1年以上続けている、原始的ですが効果的な節水方法についてご紹介します。

SPONSORED LINK

お風呂やシャワー、台所で使用した残り水を有効活用できれば水道代節約になる!+エコで地球にも優しい。

日々、節約を意識している方なら一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

お風呂の湯船に残ったお湯や、シャワー後にジャンジャン流れていくお湯、そしてキッチンで洗い物後にたまった残り水。ただ排水溝にダラダラと流れていく、これらの排水を再利用できれば水道代節約になるのになぁ…と。

湯船の残り水を洗濯に再利用する方法は既に一般的ですが、それでも湯船に残ることはあります。それにシャワーや台所排水は、さすがに洗濯には使えないので、そのまま排水溝へ…ってパターンが大多数でしょう。

人間が生きていく以上、水は必要不可欠ですから、いくら節水に励んでもそれには限界がありますよね。まさか風呂にも入らずトイレも流さない、ワケにはいきませんからね。そこまでストイックにはなれません。w だからせめて再利用してあげればいいじゃないか、と思うワケです。

SPONSORED LINK

加えて排水溝へダダ流れする水をみながらよく思うのは、「地球に優しくないぜ、特に日本人よ!」ってこと。水の使用量が増えれば、当然、下水の処理量も増えてそこに電気や燃料などのエネルギーが余計に投入される訳です。

日本という国は水資源に恵まれているせいか、どうもそこらへんの意識が乏しいように感じます。まあ、僕もそんな日本人の一人だったのでエラそうな口は叩けませんが。

生活排水をトイレ洗浄に再利用する方法。といっても超簡単。25Lバケツ×3個に水を溜めて直接トイレに流す!

まあこれが果たしてエコになるのか厳密には分かりませんが、少なくとも節水にはなります。

そもそも直接トイレに水流して大丈夫?便器から水が溢れて地獄絵図にはならないのか?

もしかしたらこんなふうに感じる方もいるかもしれませんが大丈夫です。バケツで水を流しても普通に流れていきます。

断水などの非常時にはこんなふうにトイレを流しますよね。とはいえ、僕も初めてバケツで流すときは少しドキドキしましたが。w

 

我家は25Lバケツ×3個を駆使!溜まったバケツから順次トイレに運んで流してます。

ちょっと初期投資が発生しますが、ウチは25Lバケツを3つ買いました。これね。↓ そのへんのホームセンターでも売ってます。

このバケツに8割くらい水を溜めたら(1バケツ20Lくらい)、順次トイレに運んでおいて必要な時に流す、って具合です。

湯船の残り湯、台所の排水、シャワーの排水など、再利用できる水はすべてこのバケツに溜めてトイレに流してます。

ちなみに20Lだと20kgなので、運ぶ際は腰を痛めないように要注意!w

 

シャワー水を溜めるならタライが便利。足元に置いて集水します。バケツよりも楽に溜められるよ。

たいていの方は座ってシャワーを浴びると思いますが、シャワーしながらバケツを目の前において水を溜めるのは、結構しんどいです。

バケツの大きさにもよりますが、目の前にバケツがあると邪魔だし、なにより集水性が悪いです。なので我家はこういったタライを使ってます。↓

これならさほど邪魔にはならないし、間口が広いおかげでよりシャワー水を取りこぼさず拾ってくれますよ。

ということで我家の場合、シャワー水は「タライで集めてバケツに移す」という二段戦法を使ってます。

気になる我家の水道代節約効果は年間4,500円ほど!一年でバケツ&タライ購入費用を回収できるよ。

気になる節水効果を試算してみましょう。うちの自治体の水道基本料金は1,500円(8m3まで)。それをオーバーした分は、超過料金として1m3あたり190円かかります。

我家の場合、基本料金内におさまることはまずありません。毎月12m3前後で推移しています。てことで、超過料金をもとに節水効果を試算してみますね。

 

  • バケツによる一日の節水効果 ⇒ 60L(=20L×3回分)
  • 月当たりの節水効果 ⇒ 1,800L(=60L×30日)

1,800L=1.8m3。超過料金は1m3単位で計算されるので、月当たり2m3分の超過料金に相当します。

 

  • 月当たりの節約効果 ⇒ 380円(=2m3×190円)
  • 年間の節約効果 ⇒ 4,560円(=380円×12か月)

 

結果、年間で4,500円ほどの節約効果が生まれる計算になります。1年でバケツやタライの購入費用が回収できちゃいますね!

まあ単純計算の参考数値なので細かいツッコミはご遠慮いただくとして、チリツモ効果のおかげで、長く続けるほど水道代がお得になるのは間違いありません。

10年で4.5万円は効果大かなと。台所やお風呂の汚れも抑えられて掃除の手間も省けるかも!断水や停電時にも使えます。

まあ、バケツに溜めた水をトイレに運ぶ労力も含めてどこまで得と考えるかは人によりますが。。でも10年で4万以上の節約効果と考えると大きいですよね。

特に僕の自治体のように、水道料金が高めに設定されているエリアに住んでるとそれを実感します…。

そして断水や停電時(オール電化住宅の場合)などの非常時にも、このノウハウは使えるので知っておいて損はありません。普段からバケツを数個常備していくと、イザという時に役立ちます。

 

最後に副次的効果ですが、台所やお風呂の掃除の手間が省けるメリットもあります。汚れた水を回収できるほど、排水溝を汚さずに済みますからね~。その分、掃除も楽になる(ハズ)。奥様には喜ばれるかも?(⇐我家はこれw)

 

ストイックな節約志向の方、もっと地球に優しくなりたい方は是非お試しあれ!^^

SPONSORED LINK

 

SOHTARO
散財・病気・転職と、人生コスパ最悪夫の資産形成術をフォローしてみませんか?失敗だらけのポンコツだからこそ伝えられる何かがある!(はずw)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です