【2020家計戦略】夫婦二人でひと月34万円は遣いすぎか?生活費に潜む無駄遣いを炙り出してみた




2019年の家計を振り返ってみました。

自称・節約家を気取ってエラそうにブログ運営しているのですが、2019年も完全に失敗した買い物がいくつかあります。

恥ずかしいですがちゃんと書きます。

そして今年の家計に活かします(`・ω・´)

住んでいる所や家族構成などの基本情報

まずははじめに我家の基本情報をかんたんにご紹介しておきます。

  • 酪農作業員の夫(35歳)+個人事業主の妻(37歳)の二人暮らしです。北海道在住。
  • 自家用車は2台所有(軽&普)。2019年に普通自動車を買い足しました。
  • 人より牛の方が多い僻地ですが、安い公営住宅に入居できたおかげで、家賃負担が軽め。
  • ローンは奨学金返済残高(夫)が150万ほどアリ

 

2019年の収入・支出・貯蓄

まずは2019年の収支概況↓

 

 

ざっくりいえば、2019年は571万円稼いで415万円遣って156万円貯めたということになります。

補足
  • 収入は夫婦二人分の自力収入のみを計上(税金や保険料を差し引いた手取り額)、他力収入は含まず(お祝いなどのご厚意は収入に計上しない)
  • 特別支出(クルマ購入費)は含まず ※含めると〇百万円の赤字となり分析もなにもできないので(笑)

そして収入に対する貯蓄の割合=貯蓄率は27%となりました。

とらまる
4分の1以上貯金できてるならまずまずだな!もっとちゅーる買って!

 

ひと月当たりの平均生活費

1年分の収支だとイメージわかないと思うので、1か月分の数字に置き換えたのがこれです↓

 

ここで支出だけに絞ってフォーカスしてみると、我家は1か月あたり平均34.5万円遣っているということになります。

とらまる
うーん、夫婦二人暮らしにしてはかなり遣いこんでるような気がするにゃ!
そうたろ
俺もそう思った!

ということで、どこに無駄遣いがあったのかを見つけ出すべく、費目ごとにジャッジしていきたいと思います。

 

1ヶ月あたりの家賃平均

住居は公営の集合アパートです。

家賃は順調に微増し続けてはいますが、夫婦二人が暮らす分には十分すぎるスペースだし、北海道の家賃相場からみてもいまだ最安クラスだと思います。

牛ばかりの田舎で都会のような便利さはありませんが、住居コストがかからないのは地方の特権ですね(`・ω・´)

 

1ヶ月あたりの食費平均

順調に右肩上がり…( ノД`)アガー

先日、職場の同僚にウチの食費を打ちあけると「どんだけ良いモン食ってんのよ!!」とお褒めの言葉をいただきました(笑)

田舎町のせいで輸送コストが高いのか、食品全体の価格が都市部に比べて2割ほど高いという事実は、原因のひとつとしてあります。

とはいっても、まあそんなものは言い訳で、単にうちら夫婦が少しだけ贅沢な人間なのかもしれません。だって食べることが好きなんですもの…(´・ω・`)♡

 

ここからはリアルな話ですが、健康を保つために意識的にお金かけてるってのは事実としてあります。

年のせいかわかりませんが、最近お医者様の世話になることが多くなってきています。体の免疫機能低下をひしひしと感じるのです…。(現在アレルギー性皮膚炎・喘息で定期通院中)

とりあえず食生活から見直してみようってことで、できるだけ栄養価の高い食材をまんべんなく摂取することを心掛けているところです。あと朝食もしっかり食べるようになりました(以前はチョコクリスピーだけだった)。

そんなこんなでコストよりも健康を優先した結果の食費です(外食はただの贅沢ですが)。

ただ、むやみたらに高価なものばかり買ってもしゃーないので、ひと月6万円までというボーダーラインは設けています。

 

1ヶ月あたりの光熱水費平均

昨年よりも一気に4千円のコスト増です。

ガス代については、ガス会社より通達があり料金値上げがアナウンスされたところです。なのでこれについては致し方ない部分はあります(モウコレイジョウアゲナイデ… ゚Д゚;)

まあその他の要因としてはやはり健康を優先したことに尽きます。

湯舟にお湯をはって体を休めることも増えたし、暖房もしっかり稼働させて体への負荷を避けるようになりました。

そうはいっても光熱水費の無駄遣いは絶対にしませんが。今でも節約術は当たり前のように実践しています。

≫ 暖房費の節約術17選!北海道民が考えるお金をかけないノウハウまとめ。

≫ 水道は再利用して節約!お風呂・シャワーの残り湯をトイレ洗浄に使う方法

 

1ヶ月あたりの車費用平均

我家はもともと軽自動車1台で生活していたのですが、2019年は普通自動車を増車しました(2台体制になった)。

その維持費が上乗せされた格好です。

クルマの必要性がない都市部にお住みの方にとっては、クルマ2台持ちなんて「狂気の沙汰」かもしれませんが、田舎暮らしの場合だと夫婦一台ずつというのは珍しくありません。というか、実際そうしないと、生活できないとまではいえないまでも、支障が出てしまうことが多くなります故。

それに加えて我家は、片道600kmの帰省など長距離移動が多いため、安全性や快適性を優先すると普通自動車は必要不可欠。

高い買い物でしたが、運転しているときに感じる「命守られてる感」は軽自動車では得られない感覚です。

お金と引き換えに死ぬリスクを少しでも回避できるとしたら安い買い物だなと。

≫ 自動車保険はやっぱSBI損保がダントツで安い!年間保険料14,810円で維持コストを大幅節約。

 

1ヶ月あたりの日用品代平均

ウチの場合、日用品の対象となるのは日常的に使う消耗品全般で多岐にわたります。たとえば洗顔やクリアファイル、サランラップやごみ袋などなど。

で、これらの調達は嫁さんに一任してるのですが、コスト増の要因が僕にはイマイチわかりません。なので聞いてみました。

そうたろ
月あたり6千円も増えてるのはなぜ??
よめしゃちょう
あなたアレルギー体質だからそれにあわせたシャンプーとかボディソープ買ってる。あとは私の化粧品。
そうたろ
あっそうなんだ…。
とらまる
歳とるとお互いカラダのメンテナンスに金かかるってことだな(笑)

 

ちなみに我家の日用品はほぼツルハで仕入れています。食品もおいてある店舗が近くにあるので重宝しています。

≫ 【裏技アリ】ツルハ節約術まとめ!現役パート社員に聞いたお得に買い物する方法すべて。

 

1ヶ月あたりの通信費平均

ほぼ横ばいです。

ちなみに光固定回線はOCN光コラボ、携帯は夫婦ともに楽天モバイルでiphoneを所有しています。

特に楽天モバイルは1台あたり月2千円前後と破格の安さ。月2Gの通信料に国内通話5分かけ放題がついてます。

これを使ってしまうともう大手キャリアに戻れないですね。月5~6千円払っていたのが馬鹿らしくなってきちゃいます。

【口コミ】楽天モバイルを8か月使ってみたので評価レビュー書いてみた

2020.03.19

 

1ヶ月あたりの医療保険料・生命保険料の平均

 

医療保険はオリックス生命の新キュア(60歳までの払込タイプ・終身)、生命保険もオリックスのブリッジ(10年定期)に加入しています。

すべて掛け捨てタイプで貯蓄性はありません。夫婦二人とも加入しています。

ちなみに医療保険の総支払額は、夫婦2名分で約300万円。繰り返しますが掛け捨てです。

日本には高額療養費制度があるので医療保険は不要だという意見もありますが、我家としてはもしものときの「お守り」を買っているという感覚です。結果的に掛け捨てることになっても、それで保障を買えるならOKと割り切っています。

 

1ヶ月あたりの医療費平均

 

前年の医療費が突出しているので、19年はかなりトーンダウンしているように見えますが、それでも月1.7万円は高いですよね…Σ(゚д゚)

2019年は夫婦ともども病院のお世話になることが多くなり、どうしたものかと思っているのですが、こればかりは自分の意志でコントロールできないのでどうしようもない。

ちゃんと受診して早く治すことを優先するしかありません。

サラリーマン特有のストレスとか疲れとかあると思いますが、うちも少なからずそれが原因になっている可能性はあります。

そういうカラダに悪いモノを回避したり、取り込まないようにして、病気を未然に防ぐことも大事だなとつくづく思います。

 

1ヶ月あたりの交際費平均

 

前年は両親の還暦祝や、兄弟の結婚・出産などで、お祝いの数が増えましたが、19年は平年並みに落ち着きました。

ちなみにですが「人付き合い」に職場の飲み会は含んでおりません。(プライベートな付き合いは含みます)

我家の場合、交際費は、相手のことを思いやったり大切なプライベートのために遣うお金という設定なので(節約の対象にはならない)、お金と時間のムダ遣いでしかない職場の飲み会は含めないことにしています。

そうたろ
飲み会しないと業務を円滑遂行できない会社は職場に問題ありと考える派。業務に必要なコミュニケーションは業務中にとるべき。

 

1ヶ月あたりの趣味娯楽費平均

   

総額としては前年と同レベルなのですが、僕の趣味費のウエイトが増しています…。

これは主に釣り道具に関するものなのですが、、、正直なところ買って失敗…もとい今だ恩恵を得られていないものがいくつかあります。

その代表がこれ↓

7.6mまで伸びるタモの柄。約2万円!!

このような高さのある堤防でサケなどの大型魚の回収を想定して買ったものの…この場所で釣りしたの2回だけ。しかも釣れなかったし…(´;ω;`)ブワッ

そもそも自分、このような高い堤防からの釣りはあまり好きではないんですよね(どちかというとサーフとか河口派)。

とらまる
じゃあなんで買ったんだよ!!
そうたろ
ぐうの音も出ないっす…

 

実は我家では、当ブログ以外に趣味をメインにした別のブログも運営しており、そちらでコイツのレビュー記事を書いて収益化に貢献させるつもりだったのですが、魚が釣れなかったのでそれも叶わず…。

今のところなんの利益も生み出せておらず、無駄遣いといわれて反論できない状態であります…。

 

1ヶ月あたりの個人事業に関する経費平均

妻が個人事業主になったので、19年よりその経費を集計しています。

その中身は主にWEBサイトの独自ドメイン料やサーバー利用料、画像加工ソフト利用料などで、これらに関しては運営に必要不可欠なのもなので全く問題ないのですが…。

 

完全に失敗したのは4万円(!)のワードプレステーマ(サイトの骨格を担うひな形みたいなもの)を購入したこと。

新サイトを立ち上げるために買ったものの、諸事情により立ち上げはペンディングとなり、テーマもそのままお蔵入りに。4万円も投資してリターンはゼロ。

最悪の結果となってしまいました…Σ(゚д゚)

 

ほかにも動画コンテンツをつくるためにGoPro7を購入したのですが(5万円)、何度か使ったものの本格運用まではこぎつけず、ふがいない結果となっております…。

これについては購入したことそのものよりも、「しっかり活用してマネタイズする」という当初の目標をクリアできなかったことが悔しいです。

今年は必ず収益化に貢献させます。

 

1ヶ月あたりのその他経費平均

19年から妻に月3万円のお小遣いを渡すことにしました(夫のお小遣い制が一般的ですがウチは逆)。ちなみにお小遣いの使途には一切関知しないのが我家のルールです。

また家具家電費が月2.9万円と高くついていますが、これはいくつかの大型家電を導入(入替)したのが要因。

こんなものを買いました↓

  • パナソニック空気清浄機 4.8万円
  • パナソニックハイブリッド除湿器 4.7万円
  • 三菱電機ファン式冷凍庫 4.9万円
  • FoodSaver真空パック機 2.5万円
  • アップルiphone7 SIMフリー32GB 4.8万円
  • アップルiphone8 SIMフリー64GB 5.7万円
  • パナソニックオーブントースター 1.5万円

 

特に白物家電の価格帯が高めなのは、健康面のメリットや家事の負担軽減を優先させた結果です。

高い買い物だったけど十分な費用対効果を得られていて、これについては良い買い物ができたと満足であります(・∀・)ノ

 

また奨学金については月2.1万ずつ返済していて、残高はあと140万円くらい。無利子なので繰り上げ返済のメリットもなく、ゆっくり返します。完済まであと6年!(`・ω・´)

 

結論。19年の無駄遣いは趣味と個人事業費!

いざ買ってみたものの何の利益も生み出せずにお蔵入り、ということは購入段階での見通しが甘かったということですね。

もろもろ含めると損失は8万円くらいでしょうか。

自称・倹約家をきどってブログ運営しているわけですが、お恥ずかしい限りでございます…大型の投資をするときはもう少し慎重に思案しようと思います。

2020年は無駄遣いゼロを目指すぞ!!(`・ω・´)



 

そうたろ
散財・病気・転職と、人生コスパ最悪夫の資産形成術をフォローしてみませんか?失敗だらけのポンコツだからこそ伝えられる何かがあるはず!


『やさしいエクセル家計簿のはじめ方』好評販売中です

 

 

「最も使いやすい家計簿をつくろう!」というコンセプトのもとに自作した

エクセル家計簿の完全マニュアルです。

 

エクセル家計簿歴8年分のノウハウをすべて詰め込みました!

 

無料アプリや有料ソフトはイマイチしっくりこなかった方も、是非お試しくださいませ(○ˊᵕˋ○)♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です