予算管理表を月単位集計に変更する方法

お知らせ

このセクションはエクセル2019を使った解説になります。

 

とらまる
通常の予算管理表はこのように年単位の集計ですが・・・↓

 

とらまる
このように月単位集計に変更する方法をご紹介します♪

 

それでは早速変更する方法を解説していきます。

予算管理表を年単位集計→月単位集計に変更する方法

予算入力ゾーンに必要な情報を追加する

  1. 対象の「月名」を入力する
  2. 月単位の「予算額」を入力する
  3. 予算管理表を更新する

 

月フィールドの追加

  • 予算管理表上で適当にクリックする > ピボットテーブル分析 > フィールドリスト > 「月」にチェックを入れる > 「月」を「列ボックス」に移動する(年⇔Σ値の間に配置) > 予算管理表に「月名」が追加されていればOK

 

記録シートに次月のデータを入力する

ここでは解説のために、月が次月に変わったと仮定して、データを適当に入力してみます。

  • 前月のデータをコピペする > 必要に応じてデータを変更する > 予算管理表を更新する

 

行の集計を追加する

  1. 予算管理表上で適当にクリックする > デザイン > 総計 > 「行のみ集計を行う」を選択 > 行の集計が追加されればOK
  2. 「全体の合計/執行率」の数字をドラッグ > ホーム > 「%」を選択
  3. デザインを調整する

 

ウィンドウ枠の固定を適宜調整する

月単位集計に変更すると、予算管理表は月数を重ねるごとに、どんどん右方向へ拡張されていきます。

そこで管理表を見やすくするために、ウィンドウ枠の固定を調整します。

  • 表示 > ウィンドウ枠の固定 > ウィンドウ枠固定の解除(現状設定を解除する) > 固定表示させたいエリアの隣列(右列)を選択 > ウィンドウ枠の固定

 

参考テンプレートファイルのダウンロード

上記の変更を施したテンプレートファイルをこちらよりダウンロードできます↓

ご自分のテンプレートファイルの設定変更時にお役立てください。

※あくまでも設定確認用の参考ファイルですので、このテンプレートを使ってそのまま家計管理することはおすすめしません