【購入レビュー】コロナ・FH-WZ3616BYは最強の石油ファンヒーターだ!消臭・省エネを求める節約家に超オススメ。




今年も北海道に厳しい冬がやってきました。今朝には、今年の初雪を観測しております。

沖縄とか、まだまだTシャツ一枚でイケちゃうんだろうなー。ホント、移住したくなる。こっちはもうダウンジャケット必須ですよ。w

 

さて、我家には、リビングに大きな煙突式輻射ストーブが1台ありますが、正直これだけじゃ道東の冬を越すのはちょっと心もとない。。3LDKを暖めるなら、最低でももう一台は欲しいところ。

特にデスクワーク時の足元とか、お風呂の脱衣場とか、スポット的に暖めたいときはやっぱり移動可能な石油ファンヒーターが重宝するんですよね~。

ということで買っちゃいました!コロナの超ハイスペック石油ファンヒーター。しかも2台。w

 

SPONSORED LINK

 

FH-WZ3616BY。コロナ最強スペック石油ファンヒーターの外観。気品のある佇まいはどんな部屋にもマッチするよ。

コロナの石油ファンヒーターシリーズの中でも、このWZシリーズは最強スペックの高級モデル。

正直ね、オーバースペック感は否めないのですが、洗練されたデザインに一目惚れして購入。特にこのバイオレットカラーは、WZシリーズにしかないプレミアムカラーなんですよね~。コロナ戦略にまんまとハマってしまった僕。w

深みのあるバイオレットは、和室でも洋室でも非常にマッチします。なんというか、ファンヒーターにありがちな安っぽさがないんですよ。お客が泊まりに来ても、これなら安心。↓

img_4659

 

コロナ最高峰シリーズの証。プレミアムエディションのロゴ。↓

img_4263

 

なんか色々ついてる操作ボタン。小さなリモコンもついてます。これで布団の中からぐーたらスイッチオンも可能。↓

img_4259

 

側面とか背面。↓

ちなみに背面に大げさに取り付けられてる網状のものは、光触媒除菌・脱臭フィルターとかいうもので、ニオイを背面に誘導して脱臭するのだとか。よく分からんけどファンヒーターらしからぬスゴイ技術。w

img_4270 img_4272

 

燃焼時の様子。↓

燃焼部分は予想以上に奥まっていて、なおかつカバーで覆われていて見えづらい(=多分、消臭とか燃費対策)。でもそれがかえって上質感を感じさせてくれる気がする。

img_4305

【FH-WZ3616BYのメリットその1】とにかく省エネ!灯油代+電気代を大幅節約可能。

元々コロナの石油ファンヒーターは、他社(ダイニチやトヨトミ)と比較して、その省エネ性には定評があります。

 参 考  【コロナ・ダイニチ・トヨトミ】石油ファンヒーターのメーカーの選び方とオススメ

 

コロナのWZシリーズの場合、省エネセンサー気流ルーバーecoモードなど、上位モデルらしくあらゆる省エネ機能が備わってますよ。↓

2016-10-21_21h20_48

 

ちなみに、我家のエクセル家計簿によると、去年の灯油代が約27,000円。これをどこまで圧縮できるかが今シーズンの楽しみ。↓

2016-10-21_21h23_27

【保存版】エクセル家計簿のススメ。無料アプリや有料ソフトにはない圧倒的メリットがここにある!

2016.10.10

 

ところで、ファンヒーターの場合、どうしても灯油代に目が行きがちですが、電気代も重要な要素。ファンや液晶だけでなく、灯油を気化させるためのポンプ稼働に電気を消費しますからね。

僕の住んでる地域は厳寒地なので6か月、つまり半年間はファンヒーターを使用します。先ほどの参考記事によれば、同スペック商品を使用した場合、ダイニチよりコロナのほうが年間5千円前後の節電を見込めます。超ざっくり計算ですけど。

ダイニチも点火時間が短いなどメリットも多いんですけど、こうなるとやっぱりコロナの節電性能がありがたいと思うワケです。

SPONSORED LINK

【FH-WZ3616BYのメリットその2】圧倒的な消臭性能。石油ファンヒーターの概念を覆されるよ。

特に北国の人は共感してもらえると思うんですけど、石油ファンヒーターって、どうしても灯油のニオイが気になります。煙突式やFF式のストーブと違って、室内にすべて燃焼ガスを放出してしまう構造上、致し方ないことなのですが。

特に、点火時や消火時の灯油臭さには以前から悩まされてきました。体にも良くないですしね~。

 

今回、高いお金を払ってこの最高峰モデルを購入したワケは、実はこのWZシリーズの圧倒的な消臭性能に惚れたのが一番の理由。

当然、このモデルはコロナの石油ファンヒーターにおいて、No.1の消臭性能を誇ります。クリーン消火ニオイキットメカにおいとり触媒光触媒除菌・脱臭フィルターなど、至れり尽くせりの消臭テクノロジーが詰め込まれていますよ。↓

2016-10-21_21h37_37

 

実際、使用してみた感想としては、以前からストレスだった点火&消火時のニオイがほとんど気にならないレベルになり、そのクオリティは想像以上でした。

もちろん完全にニオイが消えるわけではないですが、ニオイレベルは今までのファンヒーターとは明らかに段違いです。coronaテクノロジー、スゲ~わ・・・。

 

地味に嬉しかったのが、たとえばコロナ上位モデルに搭載されているこの気流ルーバー。↓

img_4266

これは気流を制御して省エネに貢献するほか、消火時に自動で閉まってニオイを抑える働きもします。

うーん、賢いヤツ!今まで使っていた安物のファンヒーターはこんな機能なかったので、こういった消臭機能が一つ一つがイチイチ嬉しかったりします。

SPONSORED LINK

【FH-WZ3616BYのデメリット】燃料タンク取り出し時に灯油が一滴垂れる。

石油ファンヒーターの構造上、回避できないのもしれませんが一応デメリットとして挙げておきます。

FH-WZ3616BYには7.2Lの燃料タンクが備わっていて、灯油補給時にはこんなふうに外します。↓

img_4278

 

この時、本体に格納されている燃料タンクを持ち上げる際に灯油が一滴垂れてしまうのが残念なポイント。こんなふうに。↓

img_4291

 

燃料タンク格納室の底を覗いてみると、灯油が常に少しプールされてることが分かります。↓

img_4288

おそらく燃料タンクは常にこのプールされている灯油と接しているので、持ち上げる際に灯油が垂れるのは、仕様上、仕方のないことなのかと。

燃料タンクを持ち上げる際は、新聞紙を敷くなどして床に灯油が落ちないように対処する必要がありそう。

まとめ。FH-WZ3616BYは値段相応の確かなスペック。値は張るけど買う価値アリだと思う。

今回、僕が購入したのはWZシリーズの中でも最も小さなサイズのモデル。WZシリーズはサイズ違いで3種類あり、3616⇒4616⇒5716と、型番が上がるほどサイズも大きくなります。

最小モデルとはいえ、定価5万(!)の高級すぎるファンヒーター。ファンヒーターにこんなにお金かけるのは馬鹿げてますが、今回はだいぶ安く買えたのでヨシとします。

値段は高いですが、相応の価値はありますよ。特に消臭性能はコロナ史上、いやファンヒーターの業界史上、最高レベルなんじゃないかな?僕みたいにニオイに敏感な人にはオススメできるモデルです。

この冬の暖房設備は、こいつのおかげで盤石の態勢。安心して冬を越せそうだ、フフフ・・・。

SPONSORED LINK


 

SOHTARO
散財・病気・転職と、人生コスパ最悪夫の資産形成術をフォローしてみませんか?失敗だらけのポンコツだからこそ伝えられる何かがあるはず!


『やさしいエクセル家計簿のはじめ方』を発売しました!

 

自称・家計簿オタクの作者が

「最も使いやすい家計簿を作ろう」というコンセプトで作成した

エクセルテンプレート&解説マニュアルです。

 

エクセル家計簿歴6年分のノウハウをすべて詰め込みました!

 

無料アプリや有料ソフトはイマイチしっくりこなかった方、是非お試しあれ\(^o^)/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です