いよいよ不妊治療をスタート。不安と期待が入り混じる今、夫が思うこと。

最初に前置きさせていただきますと、この記事は女性目線ではなく、夫(=僕)による男性目線で書かれたものです。

我家の本格的な不妊治療はこれからですし、知識もまだまだ乏しいので、もしかしたら間違った見解や認識があるかもしれません。そんな時は遠慮なく、ご教示・アドバイスなどいただければ嬉しく思います。m(._.)m

 

さて、はやいもので今年で結婚生活も5年目に突入。

5年なんて人生の長さに比べたらまだまだなんだけど、一緒に笑って泣いて、励まし合って、時にはケンカもしつつ。一緒に旅行行ったり、美味しいもの食べたり、たくさんの感動と想い出を共有してきた5年間でした。

まあそんなこんなで夫婦仲良くやってきたわけなんですけども。実は今、叶えたくてもなかなか叶えられない、うちら夫婦の願い事が一つだけあります。

今日はそのことについて書いてみます。

SPONSORED LINK

子供が欲しい気持ちは人一倍。でも妊娠してもそのあとが続かないんです。そんな今までの簡単な経緯。

不妊治療とはいっても、我家の場合、全く妊娠しなかったわけじゃないんです。

 

一度目の妊娠が分かったのは、結婚して数か月後のこと。

あ~、僕もついに父親かぁ。女の子かな?男の子かな?名前は何にしよう?何から準備したらいい?貯金も頑張らなきゃなー!

まあ多少の不安はありましたけども、初めての経験に、僕は嬉しさと喜びで完全に浮足立っていましたね~今思うと。(笑)

 

でもこのときは結果的に、、、妊娠6週目での稽留流産でした。

仕事中、妻から電話がかかってきて、泣きながら「赤ちゃん、だめだったたみたい。ごめんね。」と。流産になってしまったことよりも、悲壮感に打ちひしがれる妻の気持ちを考えると、胸が痛みました。

 

二度目の妊娠は、それからちょうど2年後のこと。

このときは妊娠検査薬で陽性反応が出たものの、その直後にダメになってしまいました。妊娠超初期での流産、いわゆる化学流産といわれるものです。妻も二回目ということもあって、ある程度、気持ちのコントロールはしていたようですが。

でもやっぱり、妻の傷心は痛いほど伝わってきていて、でもそんな妻を上手くサポートできてるのかよくわからなくて、自分の無力感を感じたりもして。。

 

まあそんなこんなで、今までに分かっている妊娠はこの二回。

結局、最後の妊娠以降は、なかなか幸運に恵まれず2年が経過。うちらの場合、全くの不妊ではなかったので、いつかきっとできるよねっていう希望的観測もあったんですよね。

ただ結婚生活5年目に入り、妻も34歳を迎え。あんまり悠長に構えてもいられる時間もなくなってきて、そろそろ次のステージへってことで、いよいよ不妊治療開始を決意したってワケです。

SPONSORED LINK

不妊治療にはどんな方法があるの?気になる効果や費用は?

本格的に不妊治療をはじめるにあたり、夫である僕も、不妊治療の概要について少し勉強してみました。ここでは主に、女性のための不妊治療について、簡単にまとめてみます。今までこんな勉強機会がなかったこともあり、知らないことばかりで、すべての情報が新鮮そのもの。

どんな検査があるのか?効果は?体への負担は?費用面は・・・?

期待と不安が入り混じる中、この記事を書いています。。

【ステップ1】 一般不妊治療の方法や費用について。

これが不妊治療の第一ステージとなります。不妊でお悩みの方は、ひとまずここからスタートしてみましょう、ってことですね。^^

 

☝タイミング法

あらかじめ排卵日を予測した上で、より妊娠確率の高いタイミングで夫婦生活を行いましょう、っていう方法です。

基礎体温やホルモン検査、超音波検査などのデータを参考にしつつ、お医者さんが排卵日の予測をして、ココだっー!っていう夫婦生活のタイミングを教えてくれるみたいです。

まあ、これは治療というよりも、体の状態把握とそれに合わせたアドバイスを得られる通院、といったところでしょうか。

費用は通院1回あたり、自己負担は数千円~高くても1万円ほどだそうです。ちなみに保険適用対象。ありがたや~。

 

☝排卵誘発法

排卵を誘発する薬「排卵誘発剤」を使って、より確実に排卵を起こし、そのタイミングで夫婦生活を行って妊娠確率を高める方法です。

排卵誘発剤=内服薬、もしくは注射になります。

費用については、基本的には保険の適用対象になり、思っていたほど高額にはならない模様(病院によるらしいので事前に要確認)。

内服薬だと1か月あたり500円程度の自己負担額で済むものからあるそう。

注射になると少し費用は上がって、1回あたり約400~1,500円ほど。一般的にはそれを5~10日間処方され、それに注射手技料などがプラスされた金額になるようです。

 

まあ個人的には、費用面よりも、妻の体への負担が心配。。薬によっては、副作用がでるものもあり、体験者の話だと、気分や具合が悪くなる場合もあるらしいので。

なので、はじめから排卵誘発はスルーして、次のステージである人工授精や体外受精に移行する方もいるのだとか。

【ステップ2】 人工授精の方法や費用について。

人工授精というのは、主に男性側に不妊の原因が認められる場合に、直接子宮内に精子を送り届けて妊娠をサポートする治療法です。

具体的には、よく運動している元気な精子を採取し、専用の細いチューブを使って子宮に注入するとのことです。

 

少し話はそれますが、僕の職場にいる乳牛も、人工授精で生まれてきた子たちばかりなんですね~。

発情時期になると、優秀な精液を専用の金属棒を使って子宮内に注入します。乳牛などの経済動物の場合は、優秀なオス牛の遺伝子を、できるだけ多くのメス牛に交配させるために、この人工授精という方法をとってます。

(=精液を薄めて小分けすることで、1頭分の精液で何百もの交配ができる)

 

とまあこういう職場環境もあって、人工授精のイメージはすぐできました。排卵誘発剤などに比べても、体への負担は比較的少ないのかな?って思います。

 

そして気になる費用面。

人工授精は自由診療扱いとなるので、基本的に保険が適用されません。そのため、人工授精を行うと、概ね1回当たり約2~3万円の費用がかかるようです。

ただし人工授精や、後述する体外受精を受けた場合、居住地の自治体や都道府県から助成金が受けられるそう。我家はまだ人工授精のステージには達していませんが、もしそうなった場合は、有効活用しようと思っています。

SPONSORED LINK

【ステップ3】体外受精・顕微授精の方法や費用について。

これが不妊治療の最終ステージ。費用はかかるけども、最も妊娠確率の高い治療法でもあるのかもしれません。

 

☝体外受精

体外受精というのは、男女からそれぞれ採取した精子と卵子を体外で受精させ、その受精卵を子宮に戻すことで妊娠率を高める方法。

費用は保険適用外で、約10~100万円と他の不妊治療と比べても高額。。受精卵をどれくらい培養するのかによっても、金額は変動するみたい。

 

☝顕微授精

顕微授精は、体外受精のように精子と卵子の自然受精を待つのではなく、精子を専用の細いピペットを用いて直接卵子に注入し、その受精卵を子宮へ戻す方法。

つまり、自然受精ではなく強制受精させるってことですね~。精子の状態が悪い場合に(たとえば運動率が低い、など)、適用する最後の砦的治療法です。

費用は保険適用外で、約30~100万円と体外授精よりさらに高額に。。

 

ただし体外受精・顕微授精も、人工授精同様に保険適用外ではりますが、助成金の対象にはなります。

最初に費用を全額支払う必要はありそうですが、あとからその何割かが戻ってくるはず。。なので、使える制度は有効活用していきたいところですよね。

心身への負担、費用面、色々心配な点はあるけど。一番大切なのは夫婦間の気持ちの共有なのかなって思います。

不妊治療について色々と調べていくうちに、分かったことがあります。それは不妊治療が原因で、夫婦仲が険悪になってしまう人たちがいるってこと。

 

まあなんとなく予想していたことではありますが、、、

中々良い結果が得られないと自分やパートナーを責めてしまったり、義務化された夫婦生活に嫌気がさしてしまったり。そして一方的に治療費だけがどんどんかさんでいく現実に、目をそむけたくなるのかもしれません。

お互い「この人と一緒に生きていきたい」って思って結婚したのに、「この人の子供が欲しい」って気持ちは同じなのに。不妊治療が原因で夫婦仲が壊れてしまうのは悲しいことだな・・・って思います。

 

我家もまだ不妊治療初期段階なので、まだこういう状況にはありませんが、、、

もしかしたらこの先、これに近い状況が訪れるのかなっていう不安がないわけではないです。幸い費用に関しては、今まで貯金を頑張ってきたこともあり、さほど心配はありませんが。

いや、ゴメンナサイ。ちょっとウソつきました…。やっぱり現在の貯蓄額(400万ちょっと)では、不測事態の発生も鑑みると、決して余裕のある額ではないよな~って思います。。このあたりについては引き続き、貯蓄生活に励んでカバーしていきたいところです。

 

それよりも何よりも、きっと治療のステージが上がるにつれて、妻の心身的負担が大きくなっていくはず。。

だから妻をうまくサポートしてあげることと、「よし!協力して夢叶えようぜ!」っていう気持ちの共有が大事なのかな~って。二人一緒なら嬉しさは2倍、辛さは半分コになるはず。

もしこの先、妻とうまくいかないことがあったら、この記事を読み返して、この記事を書いた時の気持ちを思い出すつもりで書いてます。(笑)

31歳の不器用夫なりに、こんなことを考えていました。

SPONSORED LINK

 

SOHTARO
散財・病気・転職と、人生コスパ最悪夫の資産形成術をフォローしてみませんか?失敗だらけのポンコツだからこそ伝えられる何かがある!(はずw)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です