うつ病で退職。農業に転職した負け組・理系院卒の人生を変えたXデー。

大手上場機械メーカーのエンジニアとして新卒採用。収入も私生活も順風満帆。社会人8年目の今、念願の貯蓄1,000万円を達成!すべては計画通りさっ…(´∀`*)ウフフ

 

…なんてカマせる予定だったんですがね。(笑)

 

僕自身、工学マスターまで出ておきながら、それから8年後の今、牛の乳搾りやってるとは夢にも思いませんでした。

世の中には時折こんなふうに、投資収益という概念を完全に放棄し、クレイジーでエキセントリックな生き方をしてる変人がたまにいます。

ということで今日は、間違いなく僕の人生観を根底からひっくり返した「あの日の出来事」について振り返ってみようと思います。

SPONSORED LINK

はじめに。この記事を書いた理由。

この記事は、「一見すると学歴と肩書だけは良かった若造が、会社組織に適応できずに凋落、自ら棺桶に片足突っ込むまでの経緯」を回想するものです。

(マネーハック記事ではないので、それを期待してクリックした人がいたらごめんなさい。。)

一応念置きしておきますと、同じ悩みを抱える人に生きるパワーを…とか、僕の辛さを共有してほしい…というような想いは全くなく、ただただ自分のカッコ悪い軌跡を振り返るだけの記事です。

 

強いてこの記事の意味を挙げるとすれば、「僕のプロフィール」みたいなものです。

普段は節約とか投資ネタなどを扱う平凡ブロガーを装ってますが、「ああ、この人不適合系か」ぐらいに思ってもらえれば本望です。w

 

当時の心理&行動をできるだけ生々しく描写しているので、少し引いちゃうかもしれませんが、それも含めてあえて書いてます。

SOHTAROはなぜ何度も転職してるの? なぜ理系院卒なのに乳搾りやってるの? なんでブログ書いてるの?

そんな答えの原点になってるのがこのXデーの出来事。

 

一応誰にも言わずに墓場まで持っていく秘密にするつもりでしたが、その気持ちを洗いざらい文字に起こすことで、僕自身が一歩前に進める気がするので自分のために書いてみました。

そんな身勝手な自己満記事ですが、よければどうぞ…(´・ω・`)

入社してからうつ病になるまでの経緯。

院卒機械エンジニア。世間一般的には、そこそこ恵まれた学歴・肩書、とでもいうのかな。(当時はそんな意識なかったけど、それを捨てた今だからこそ分かる気がします)

ただね、そんな武器も僕は全くもって生かすことができなかった。僕にはオーバースペックだったんですね。撃ち手がポンコツでは、どんな高性能な武器もゴミ同然です。

高圧的な上司に精神面をボコられる。

巨大ピアスにモヒカンパーマ(←マジ)。見た目からして威圧的な風貌。どこの会社探しても中々こんな上司いねーぞ…。レアキャラの衝撃度に、不安が先行してたっけ。

案の定、僕はこのモヒカン上司に結構やられました。自分のコンプレックスな部分を、刃物でエグられて塩塗り込まれるような、モンスターズアタックが続いたことを覚えています。

そんな言い方しなくてもいいでしょうが…お前DQNかよって毎日思ってました。

僕は基本、何かを言われてもジッと耐えるタイプなんで、それが余計火つけちゃったのかも。今思うと。

確かにこの上司は仕事がよくデキましたが、人を育てることはめっちゃ苦手だったみたい。この人とのコミュニケーションで苦労してた人、結構いたからね。

 

持病の対人恐怖症と適応障害を恨む日々。

これは僕自身の問題なんですけど、昔から人とコミュニケーションとるのが苦手なのと、感受性が強いせいで新しい環境に馴染むのが極端にヘタ。

まあそれまではたいてい時間が解決してくれてたんですが、社会人になってからはそうはいかなかった。。

 

件の高圧上司のせいもあり、会社にいるときは常に悪い緊張感で満たされてましたね~。

ずっと上司の反応が気になって、正しい状況判断ができなかったな…。少しでも威圧的な対応をされると、たちまち委縮して仕事が手につかなくなっちゃうみたいな。

怒られるともう頭真っ白。返す言葉も出てこないし、体も動かなくなる(こういうのをパニック障害っていうのかな?)。うまくリアクションできない僕を見て、上司はさらにイライラを募らせてたな。

デキる人ならここで上手く切り返すんでしょうが、僕はリアクションできずにうつ向いたまま。

 

すみません…、って何回言ったかな。

そんな自分に悔しくて情けなくて吐き気がするんだけど、自分ではどうすることもできない。お手上げ状態なんですよね、こういう状況になると。

SPONSORED LINK

仕事で結果を出せないストレス。

入社当時の僕は、新製品の生産条件を確立するという業務を担当していました(いわゆる生産エンジニアってやつですね)。

工場にある製造マシンを使って、試作テストを繰り返しながら、ベストな生産条件を追い込んでいくんですけど、これまた笑っちゃうほど上手くいかない。

かなりイレギュラーで複雑な製品形状だったのもあるんですが、テストを繰り返すほど、ゴールのない迷宮に迷い込んでいく感じ。

 

結局、ミッションクリアを待たずして僕がうつ病になったので、この件は上司に引き継ぎました。

が、生産立上げ後も品質が安定しなくて、ちょこちょこ不良品出てましたね。というかそんなD難度の製品立上げ、新人にやらすなよって今となっては思いますが。w

 

人生史上味わったことのないドン底の精神状況。これがうつ病ってやつか…。

入社して3か月くらい経つと、仕事から帰宅しても、休日に出かけても、上手くいかない仕事と人間関係が頭から離れず、常にボーっとしてましたね。ずっと徹夜明けが続いてる感じ。

眠りは浅いし、寝ても悪い夢見るし、食欲は落ちる一方だし。出社前は毎朝吐いてたな。

当時は自覚なかった(したくなかった)けど、あれがうつ病ってやつだったのかな?今思うと。症例を知って自覚しました。

 

僕はメンタル弱いくせに、外っ面は強がっちゃうバカ野郎なんで、精神的に追い詰められてたことは、当時付き合ってた彼女含めて誰にも言いませんでしたね。

そのかわり、部屋を真っ暗にして泣いてました。風呂や布団の中でも。

もう少しで自分の心が壊れてしまう。そんなギリギリの状態だったように思います。

SPONSORED LINK

僕は生まれて初めて自傷行為に及んだ。

ある休日の朝、部屋をキレイに片付け、親に電話して他愛もない会話をし、愛車のバイクにまたがり、前日に下見していた「その場所」に向かいました。

目標の100mほど前でいったん停止し、そして一気にアクセルをひねりました。最後に確認できたメーター読みは法定速度を超えてましたが、僕は何かに取り憑かれたようにアクセルをひねり続けました。

 

そして目標に向かって一直線に突き進みました。(人ではありませんよ。念のため)

衝突直前に対向車が見えました。ああ、これで僕がもし死んでも発見してくれる(←超迷惑ですよねw)。そう思いました。

その瞬間は、巨大鉄板で殴られたような衝撃とともに、体が宙に投げ出され、そして地面に叩きつけられました。一瞬の出来事でした。ずっと脳ミソがグラグラと揺れてました。

 

とりあえず生きてました。

「あ~、意外と死なないもんだな…」などと、親には絶対言えないようなことを考えてました。

おそらく衝突直前にみた対向車の人でしょうか。パニくった声で「救急車~っ!!」って叫んでる声が聞こえました。

 

転倒したバイクのアイドリング音がしばらく響いていましたが、燃料供給が途切れたのか、ゆっくりと息絶えました。

なぜこんな馬鹿なことをしたのか。

いわゆる自殺願望、とまではいかないものの、ただただ会社生活から逃げ出したい。それが動機でした。

不慮の事故に見せかけて長期療養する。そんな浅はかな考えしかできなかった僕は愚かです。

 

バイクで事故るより、病院行って診断書もらって療養したほうが遥かに合理的なんでしょうがね…それが僕にはできなかった。(打ち所が悪ければ死んでましたね)

というのも、うつ病になって長期療養なんて、僕のちっぽけなプライドや見栄がそれを許さなかったんです。両親に余計な心配をかけたくなかったというのもあります。

僕は精神患者にはなりたくない。それなら事故を装って入院してたほうがとりあえず世間体は保てる。なんて馬鹿なことを考えてましたね。

SPONSORED LINK

生き方や価値観を変える必要がある。

結局3週間くらい入院しました。(幸いなことに、被害は打撲と捻挫だけですみました)

両親や同僚が見舞いに来てくれましたが、心配させたくなかったので、本当の事故原因は言えませんでした。病院の先生にも事実を言えず、申し訳ない事をしました。

 

一歩間違えれば、死んでてもおかしくない事故でしたが、自分がこうして生きている意味を僕はずっと考えていました。

ただ正直なところ、このまま職場復帰してもまた精神を病んで、何をしでかすか自分でも分からない状況…。だから今の会社で働き続けるという選択肢は捨てました。

 

僕はどうやら人と密接に関わり合いながら仕事をするのがとても苦手なようだ…。そして自分のペースと裁量で進められる仕事の方が合っているのかもしれない…。

病院のベッドから天井を見つめながら、農業への転職を本気で考え始めたのはこの時期です。

僕が年収や肩書を捨ててまで機械エンジニアから酪農業界へ転職した本当の理由。

2016.09.23

墓場まで持っていこうとした人生最大の失敗を笑って話せるようになった今がある。

あの事故から7年。

結局僕は、機械メーカーを3年勤めた後に、農業に転職しました。(うつ病になったのが1年目、そこから何とか騙し騙しで3年間を乗り切ました)

農業とは言っても会社の雇われ。雇われてる以上は、コミュニケーション回避できないので、転職の度に人間関係には悩まされました。

 

が、まあ色々ありましたけど、今はこうしてそこそこ楽しく生活できています。それこそ笑ってブログネタにできるくらいに。w

もちろんあれ以来、自分を傷つけることもありませんよ。

最後に。自分にとっての生きること・働くことって一体なんだろう。

結局僕は世間一般で言うところの(?)、負け組院卒になりました。

大学で学んた知識や技術はほとんど生かすことができず、エンジニア人生をドロップアウトしてしまったので、そう言われても否定はしません。学生時代を援助してくれた両親には申し訳ない気持ちです…。

 

今でもたまに、あの会社に残っていたら今頃どうなっていたかな?と考えることがあります。

もしかしたらメンタルの弱さを克服して元気にやってるかもしれないし、もしかしたら既にこの世から消えてるかもしれない。

 

まあでもね。

そんな事は今さらどうでも良くて、こんな社会不適合者でも大事な家族ができて、牛の乳搾りしながら勤め人やって、元気にブログで創作活動してる。

僕なりの働き方を見つけて、しっかりと今を生きてる。その事実が一番大事なのかな、って思うようにしています。

そしてそれが最低限の親孝行なのかな、とも。

 

人生はまだ長い。平均寿命まではあと50年もある。

どうせ死ぬなら自己満でもいいからアートな人生を謳歌して死にたい。果たして自分にはどんな作品を遺せるかな。

そう思えるようになったことが大事だと自分に言い聞かせ、今、新たなスタートラインに立っている。そんな気がしてるんです。

 

P.S. 自分に自信を持てなくなったら試してみるといいかも↓ 少しだけ元気が出ます^^

【無料】もし自分の生き方や働き方に迷いがあるなら『グッドポイント診断』を試してみてほしい。

2017.01.19

 

SPONSORED LINK

 

SOHTARO
散財・病気・転職と、人生コスパ最悪夫の資産形成術をフォローしてみませんか?失敗だらけのポンコツだからこそ伝えられる何かがあるはず!(笑)

8 件のコメント

  • とても共感します。
    私も情報工学部出身で新卒入社したIT会社を1年で退職してしまいましたから。

    SOHTAROさんはとても優しい人ですね。
    あまりご自分を責めずに、もっとご自分を大切にしてください。
    ご両親はSOHTAROさんが毎日つらい思いをしながら仕事するより、イキイキしながら生活してくれることを望んでいらっしゃると思います。

    アートな人生、いいですね!
    これからも応援してます(^^)

    • 温かいお言葉、ありがとうございます。

      一時はどうなることかと思いましたが、世の中どうにもならない事ってそうそうないことが分かりました。時間は偉大です…。
      たまひろさんも工学のご出身だったのですね。
      お互い元エンジニアっぽく、ワガママに&独創的にアウトプットしていけるといいですね^^♪

  • はじめましてnakatiと申します。
    自分も理系大学院出身ですが、「今の仕事にその経験が活かせているか?」と言われると
    全然活かせていないのでとても共感できます。
    でも、紆余曲折あっても前向きに今を生きているならば、ご両親もきっとお喜びだと思いますよ。
    (自分も最近親になったのですが、子供はやっぱり健康が一番だと思います)
    仕事で悩んでいる自分の状況と重なったので思わずコメントさせて頂きました。
    エクセルの家計簿もこれからも参考にさせて頂きたいのでまたちょくちょく見にこさせてもらいます。

    多分同い年だと思いますので、これからもよろしくお願いします!

    • コメントありがとうございます。

      正直この記事は公開しようかどうか悩んだのですが(黒歴史すぎる&しかもブログ趣旨に関係ない…w)、nakatiさんのように共感してもらえる方がいるのであれば、少しは報われた気分です…^^;

      マスター出身だからこそ、理想と現実のギャップに悩まされる気持ちは痛いほど理解できます。僕は3年で異業種に転職してしまいましたから、nakatiさんのように踏ん張っている姿は僕には眩しく映ります。

      仕事の方向性は違いますが、おそらく同い年ということですから何かと共有していけたらいいですね!

      こちらこそこれからも宜しくお願いします。^^

  • はじめまして、院卒⇒メーカ勤務一年目のsimです。
    職場環境(雰囲気)と知識不足から、求められるレベル・ノリとのギャップに苦しんでおります。そんな中このページにたどり着きました。
    感受性が強い、コミュ下手…の点などの性格面がそのまんま自分だったので、びっくりしてしまいました。私も資産運用や静かにシンプルに生きるのが好きなので、SOHTAROさんとは非常に似た思考を持っているかもしれませんね。
    私はまだ働き始めたばかりですが、自身の得意・不得意なことをようやくわかり始めました。SOHTAROさんの生き方は参考にさせていただきたいと思います。

    • はじめまして。コメントありがとうございます。

      共有共感してもらえる方からコメントは本当に心が温かくなります。ダサい半生でしたが、思い切って記事にして良かったと思いました。
      僕も7年前の今、まさにsimさんのような心理状態でしたのでお気持ちお察しします。職場の雰囲気や業務の波に乗り切れない時間ほど辛いものはないですよね。自分の意志や能力では打破できない状況って本当にもどかしい…。

      ただsimさんは既にご自分の得手不得手を理解しているようですから、その点は強みだと思いますよ。僕なんてそれが分かるまでに何年もかかりましたから。w
      辛いときは遠慮なく周りを頼ってください。僕が言うのもなんですが、ご自身を一番大切にしてくださいね。

      時間はかかるかもしれませんが、一緒に理想の働き方・生き方を実現していけたらいいですね。^^

  • 初めまして、「うつ病 農業」で検索して読ませていただきました。

    sohtaroさんの記事を読んで、大変驚きました。

    というのも私自身も似たような境遇というか、そこそこ有名な国立大を出て銀行員になったのですが、うつ病になって休職しているんです。

    そしてまさに昨日、かつて銀行で新規融資を担当した農業生産法人の社長に会ってきたところだったんです!

    そんなわけで勝手にシンパシーを感じてしまいましたが、さきほどの社長のところの農業生産法人への転職もありだと考えていたので、大変参考になりました。

    さらにsohtaroさんのような役に立つ内容ではないですが、僕もブログ(ほぼトレンドアフィリ化してますが)をしてたり、

    同じように北海道民だったりと、ここまでくると驚きました^_^

    ありがとうございます、今後もブログ更新楽しみにしております。

    • 鬱リーマンさん、はじめまして。

      そこまで共通点が多いとは・・・。僕も正直驚いています。
      農業は良いことばかりではないですが楽しいですよ。
      ある程度、業務がルーチン化しているのと、単独作業も多くて人間関係に消耗することが少ないので、前の職場よりは楽に働けていますね。

      鬱リーマンさんの休職に至るまでの経緯を書いた記事も読ませていただきました。
      患っているときの心情とか症状が、すごくリアルに描写されていて惹き込まれますね。なんだか当時の自分を客観的に見ているようでとても共感しました
      また奥様の優しさにジーンときちゃいました。僕も妻を大事にせねばと思いました^^;

      サイトを拝見しましたところ、ジャンルは違えど、かなり運営実績を残されていそうな印象を受けます。同じブロガーとして、僕も参考にさせてもらいますね。

      こちらこそありがとうございました、今後ともよろしくお願いします^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です