クレジットカード利用時の家計簿つけ方・書き方問題。正解はこれ!




我家のエクセル家計簿歴、今年でめでたく6年目に突入しました(*´▽`*)パチパチ

これは飽きっぽい性格の私SOHTAROにしては、奇跡に近い記録でありまして、心から楽しんで家計簿を続けられている結果だな~と思っています。我ながら素晴らしい。

さて今日の話題は、クレジットカード払いの家計簿への記録タイミングについてです。

クレジットカードを使っている方はご存知かと思いますが、カードで買い物した日から口座引落まで1か月ほどのタイムラグが生じるので、いつ家計簿に記録すればいいのか、そのタイミングで悩むこともあるかと思います。

  • クレジットカードを利用して買い物した日に記録する?(発生基準)
  • クレジットカードの口座引落が行われた日に記録する?(現金基準)

 

で、結論から先に書いてしまうと、①が正解だと我家は考えます。

その理由を今日は書いてみたいと思います。

【まえおき】クレジットカードユーザーは現時点でいくら使っているのか、常に把握できるようにしておく必要がある!

前述したように、クレジットカードの場合、カードで買い物した日から口座引落まで1~数か月のタイムラグが生じますよね。

早いハナシがクレジットカードで買い物するってことは、借金して買い物してることと同意なのです。信用と引き換えに、カード会社に支払いを立て替えてもらってるわけですからね。

すると結果的に、買い物してるのに手元(口座)の現金は減らないことになり、リアルな支出状況を把握しずらくなる、という状況が発生します。

これは現金払いにはない、クレジットカード特有の問題ですよね。

 

加えて、カードさえあれば簡単に買い物できちゃうってのは、クレジットカードの大きなメリットですが、これは人によっては「諸刃の剣」にもなりえます。

現金払いなら、手元に現金がなくなった時点で強制的にゲームオーバーですが、カードの場合は物理的なストッパーがありません。己の自制心が働かなければ、恐ろしい事態に陥ります。

カード破産がその最たる例ですよね。

 

だからこそカードユーザーは家計簿をつけましょう!と声を大にして言いたい。我家みたいなヘビーユーザーは特に。

カードの利用額なんて気にしなくとも、平然と生きていけるお金持ちならいざ知らずですが、我家のような平民は、家計簿で常に支出状況を把握できるようにしとかなイカン!って思ってます。

【正解】クレジットカードで買い物したときは口座引落日(現金基準)ではなく、カード利用日(発生基準)で家計簿に記録する!

はいそうなのです、我家はそうしてます。

口座引落日であれば都度入力が不要なので超絶楽ちんですが、肝心のリアルタイム支出がわかりません。今現在カードでいくら使ってるのか、それが分からないというのは恐ろしいことです。

だからカード利用日で記録します。我家はこんなふうにカードを使うたびに都度入力しています↓

(画像ではREXカードだけですが、実際には我家では楽天カードセディナカードJiyu!da!など複数枚のカードを所有・利用しています)

 

そしてこのデータをもとに年間収支表を一瞬で作成(更新)できるので、今現在の支出状況をいつでもすぐに把握できます↓

 

SOHTARO
ねえねえ、今月の食費いくら使ってる?
CHIHIRO
もう5万円いってますよ!
SOHTARO
5万っ!?ありえない!なんでやねん!
CHIHIRO
アナタがお寿司とかお刺身とか高いモンばっか買ってくるからでしょーが!
SOHTARO
・・・。

とまあこんなふうに、我家は「今カードでいくら使ってるんだっけ?」というような不安にかられることもありません。

【例外もあるよ】レシートが発行されない支出は請求確定した時点で家計簿に記入すればOK!

例外的な話も付け加えておきます。

たとえば、クレジットカードを使ってフツーのお店などで買い物した場合は、その場でレシートが発行されるので、その金額を家計簿に記入すればそれで完了ですよね。

でも同じクレジットカードを使っててもレシート(料金通知書)が発行されない、そうですね、たとえば携帯スマホ料金などはどうすればいいでしょう?

(大手キャリアの場合はいまだに料金通知書が発行されるケースもあるようですが、格安スマホの場合はそういった書面発行はなく、代わりにネット上で利用明細を確認する形になっています。)

しかも携帯スマホ料金などは、利用月の翌月(翌々月)など、1か月以上遅れて請求が確定しますよね。

なので、いつ家計簿に記録すればいいのか分からない!という方もいるかもしれません。

 

で、答えですがこれはもうシンプルに請求が確定した時点で記録すればいいと思います。

たとえば1月に前月分(12月分)の請求額が確定したとしたら、こんなふうに2つの記録方法があります↓

  1. そのまま1月に前月分(12月分)の請求額を記録する(1月分の請求額はまが確定してないので記録できない)
  2. 12月の記録スペースを空けておき、12月分の請求額が確定した時点で記録する(1か月遅れで記録することになる)

 

ちなみに我家は①の方法で記録しています。

どのカード会社でも今はだいたいネット上でクレジットカード明細(カードの利用履歴)を確認できます。こんなふうに↓

 

請求が確定した時点で、このクレジットカード明細をみて、そこに書かれている携帯料金を家計簿に記録してます。

ちなみにSOHATROの携帯はガラケーなので(プランSシンプル)、見てのとおり破格の安さです(笑)

扱い方さえ間違わなければクレジットカードは超有益でマストなツールだ!

上記のような方法で家計簿に記録していけば、、、

SOHTARO
今月いくら使ったんだろう・・・カード明細みるのが怖いっ!

なんて不安にかられることもなくなり、かつ使い過ぎの抑止にもつながります。

 

ポイントも貯まるし、キャッシュレスで買い物できるし、クレジットカードは家計を助けてくれる優秀な奴なのです。これは間違いない事実。

私欲に負けて使いすぎちゃったり、利息のバカ高いキャッシングなどに手ださない限り、クレジットカードは家計を支えてくれる強力な武器になります。

ということで、クレジットカードを使う際には、上記のような要領で家計簿をつけることで、デメリットを克服してメリットだけを存分に享受できるようになるかと思います。

ぜひお試しあれ(*´▽`*)♪



 

SOHTARO
散財・病気・転職と、人生コスパ最悪夫の資産形成術をフォローしてみませんか?失敗だらけのポンコツだからこそ伝えられる何かがあるはず!


『やさしいエクセル家計簿のはじめ方』を販売しています★

 

「最も使いやすい家計簿をつくろう!」というコンセプトのもとに自作した

エクセル家計簿の解説マニュアルです。

 

エクセル家計簿歴7年分の我家オリジナルノウハウをすべて詰め込みました!

 

無料アプリや有料ソフトはイマイチしっくりこなかった方、是非お試しくださいませ\(^o^)/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です