僕が無料アプリではなくてエクセル家計簿を圧倒的にオススメしたい理由。

ひと昔前までは家計簿といえば、専用ノートに手書きでレシートも貼り付けて~…なんて超マニュアルイメージがありましたが。

今の世の中には便利な無料アプリがが溢れていますよね。

たとえばこんなの。↓

  • マネーフォワード
  • マネールック
  • Zaim

 

これら無料アプリを使えば、銀行口座残高やクレジットカード利用履歴を一括管理したり、レシートをカメラ撮影するだけで自動カテゴライズ(分類)&家計簿作成までできてしまう、らしいのです。

しかもパソコンのみならず、スマホでもできちゃうみたい。いやあ、スゴイ時代ですわ(しみじみ)。

 

僕はいまだにガラケーユーザーなので、その恩恵に与ることはできないですけど。

とまあ、その機能は本当に秀逸で、これさえあればエクセル家計簿なんていらないんじゃないの?って思います。

たしかに人によっては「これで十分」でしょう。

SPONSORED LINK

一見秀逸に思える無料家計簿アプリにも不満・デメリットはある。

ただ無料アプリの問題点として、家計の収支をすべて反映できるかというと、そうではなくて、どうしても抜けが出てきてしまう。

 

たとえばですよ。

カードじゃなくて現金払いだった場合、あるいはレシートをもらえなかった場合。そんなときは、上記の家計簿アプリでは反映できないです(手入力する機能があれば別)。

また逆に、事情があって家計簿に反映させたくないカード払いがあった場合(妻にナイショの買い物、とか。うちはないけど笑)。

家計簿アプリだと強制反映されちゃうので、これまた不便なんですよね~。

 

だから僕としては「イマイチ正確な(思い通りの)家計データが出力できない!(;´Д`)」という不満が残るんですよね。

このブログを管理している以上、より正確な家計データが必要になりますから、そこは妥協できない。

 

結局のところ、無料アプリは手軽さや自動化を追求した半面、制約が多くて柔軟性がないんですよね。

まあ無料の特化型アプリなので、当然っちゃ当然なんですけど。

  • あ~、この支出はこのカテゴリじゃなくて、こっちにカテゴライズしてほしいんだよなあ。。
  • 分かっちゃいたけど、レシートがないときの手入力って結構面倒くさい。。

 

そんな細かい要望やストレスが、フツフツとこみ上げてくるのは目に見えていたので、そんなら最初から家計簿自作しちゃえばいいじゃん!と。そう思ったわけです。

 

やっぱり自作してよかった!エクセル家計簿の圧倒的メリット。一応デメリットも。

ということで、エクセル家計簿を完全我流で自作したのが、約5年前。

 

この飽きっぽい僕が、5年も継続できていること自体は奇跡に近く、その圧倒的メリットのおかげ。

そのメリットを思いつくままに羅列してみました。

 

全ての収支を正確に記録できる。

無料アプリでは記録できなかった現金払い(レシートなし)による支出も、エクセル家計簿なら当然反映できます。本人が入力を忘れない限り。

 

費目を自由に分類できる。

たとえば「外食代」を「食費」とするのか「交際費」とするのか。エクセル家計簿なら本人の思うがままにカテゴライズできます。

家計簿の費目・項目の分類はこうしてます。我家の場合。

2016.04.05

 

とにかく自由度が高い。カスタム・アレンジも自由自在。

自作なので当たり前ですが、完全オリジナルの家計簿が作成できます。細かいことをいえば、文字色・背景色・線種なども思うがまま。自分色に染め上げることが可能です。

エクセル家計簿は簡単に自作できる!その作り方・コツを丁寧に解説します。

2016.06.04

 

 

メリットだけでなくて一応考えられるデメリットも挙げておきましょう。

 

いちいちパソコンを立ち上げなくちゃならない。

エクセルなのでパソコンは必須ですね。なのでパソコン拒否症体質の方、また立上げが面倒でしょうがない方には難しいかもしれません。

 

そもそもエクセル嫌いの人には向いていないかもしれない。

エクセルと聞いただけで、体が拒否反応を示しちゃうような人もいますよね。僕も以前はそうでした。

なのでとにかく僕のテンプレートは”簡単シンプル操作”をモットーに自作しています。

 

SPONSORED LINK

 

飽きっぽい僕でも継続5年。エクセル家計簿を長く続けるための秘訣はこれに尽きると思う。

家計簿にトライしたけど三日坊主で終わってしまった。って経験、あると思います。

 

家計簿に限らずなんでもそうだと思うのですが、何かを継続して続けるための秘訣ってなんだろうって考えてみました。

僕はズバリ、「楽しめるかどうか」だと思うんです。これに尽きると思うんですよね。持論ですけど。

 

たとえば趣味がその最たる例。楽しい!面白い!から続けられる。

僕はバドミントンが趣味なのですが、基礎練習はしません。だって楽しくないから(笑)。

ひたすらダブルス試合して、スマッシュ&ドロップが決まったときの快感に酔いしれて、自己満して帰ってくる。別にアスリートになるわけでもないので、楽しいことしかしません。継続することが目的なら、これで十分だと思うんです。

 

だから家計簿を長く続けたいなら「どうしたら楽しく続けられるかを考える」といいと思うんです。

 

そういう意味では、自分流に自由にカスタマイズできるエクセル家計簿は、超オリジナルテンプレートを作れるという点で、ちょっとした自己満足感を得ることができます。(笑)

そしてなにより、家計簿をつけることにより「自分ちの収支状況を完全に把握・コントロールできている」という充実感・安心感も得ることができます。

 

これはやってみないと分からないんですけど、とりあえず1か月間家計簿をつけてみて、収支一覧表を作ってみると分かります。

お金の出入りを見える化できた時の快感は案外、強烈です。(笑)

 

こんなふうに見える化できます↓。(クリックすると拡大します)

2016-03-30_20h13_39

 

大げさかもし知れないけれど、家計管理は会社経営のミニチュア版だと思うんですよ。

家族という運命共同体の経営状況を、こうやって見える化して、利益を最大化させるためのコスト削減を徹底的に行う。

家計をうまくコントロールできると、自分が経営者になったような気持ちで、満足感に浸ることができますよ。

僕が家計簿を続けられる理由は、そんな気持ちよさにもあるのかもしれません。

 

「そんなの家計簿オタクのお前だけだっ!」って言われればそれまでなんですけどね…(;´Д`)w

【エクセル家計簿を徹底的に使いこなすためのマニュアル】を作りました。 テンプレートの作り方や使い方、カスタム方法やトラブルシューティングなど、全てのノウハウはこちらをご覧あれ。

【保存版】エクセル家計簿解説マニュアル。120%フル活用して資産UPにつなげる方法まとめ!

2016.10.10
 

SPONSORED LINK

 

SOHTARO
散財・病気・転職と、人生コスパ最悪夫の資産形成術をフォローしてみませんか?失敗だらけのポンコツだからこそ伝えられる何かがあるはず!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です