ポイント・割引券・クーポンで買い物した時のエクセル家計簿つけ方ルール




とらまる
ポイント払いで買い物した時は家計簿にどう記入すればいいのかにゃ??

世の中にはたくさんのポイントや割引券、クーポンなどが溢れていて、それらを利用して買い物する機会も多々ありますよね。

 

その反面、これらを使った買い物を家計簿上でどう扱ったらいいのか、イマイチわからない方も多いようで、ブログの読者さんからもよりそのような質問をちょこちょこいただきます。

ということで今回は、我家なりの家計簿つけ方ルールをご紹介してみようと思います。

 

【やさしいエクセル家計簿のはじめ方】好評販売中です...📣😄

このたび、エクセル家計簿歴10年のノウハウを駆使して『エクセル家計簿を使い倒すための完全解説マニュアル』を作りました✏️

そうたろ
この商品は、2022年3月にリニューアルいたしました。完成済みテンプレートはより使いやすいデザインへとアップデートを行い、解説マニュアルもより分かりやすい内容にすべく9割以上を再作成しました。

 

『やさしいエクセル家計簿のはじめ方』一生使えるテンプレートの作り方・使い方をまとめた完全解説マニュアル

2017.06.20

 

完成済みテンプレートが付属しており、テンプレートの使い方&作り方カスタマイズ方法や便利テクニックなどの全てのノウハウを、テキスト・画像・動画をフル活用して解説しています。

無料のメールサポート(回数無制限)もついています。わからないこと・むずかしいことがあれば解決のお手伝いができます🧐📩

 

詳しいことは商品紹介ページをみていただきたいのですが、価格を超える価値をお届けできる自信があります😄🎁

本気でエクセル家計簿を習得したい方にとっては、コスパ最強の教材になることをお約束します。

 

エクセル家計簿を徹底的に使い倒したい方はぜひご活用くださいませ❗️

 

ポイント・割引券・クーポンの家計簿はこうしています

まずは金融資産で扱うかどうかを決める!

我家はまず、金融資産として扱うものとそうでないものをあらかじめ区別しています。

ちなみに我家の場合はこんなふうに区別しています。※あくまでも我家ルールです

  • 金融資産として扱う → クレカポイント(楽天ポイント・REXポイント)
  • 金融資産として扱わない → 上記以外すべてのポイント・割引券・クーポン

 

金融資産として扱うのか否かのボーダーラインですが、これはまあ完全に自分ルールなんですけども(笑)、、、

 

ある程度ポイント残高があって、なおかつ有効期限が設定されているものは「扱う」ことにしています。

そうたろ
残高が大きいものは失くさないようにしっかり管理しておきたいし、有効期限があるものはポイント失効は絶対に避けたい!

 

ちなみに「金融資産として扱う」というのは、具体的には「金融資産をエクセルで管理&見える化」することを意味しています。

我家では、こんなふうにして管理&見える化しています↓

【テンプレート無料】FPが愛用するエクセルで金融資産を一括管理する方法まとめ

2016.10.06

 

一方で、上記以外のすべてのポイント・割引券・クーポンについては、資産として扱っていません。

たとえばこんなやつ↓

ツルハで頻繁にもらう「夢クーポン」とか、コンビニでもらった「ガソリン割引券」とかとか。他にも腐るほどあるのですが、全部無視です!

こんな細かいものまで全部管理していたら時間も労力ももったいない!

というのが資産として扱わない理由です。紛失しても失効してもさほど家計に影響はないのでノーカウントでOK!という考え方です。

 

買い物したら記録シートに入力する!

そんでもって本題ですが、先ほど資産として扱うと決めた各種ポイント・割引券・クーポンを使って買い物した時だけ、記録シートに入力します。こんなふうに↓

入力方法はいたって簡単で「支払・受取方法」を変えるだけ!

 

また、一部ポイント払いのときもありますよね。たとえば、、、2,500円の日用品を2,000円は現金で、残り500円はポイントで支払った場合はこんなふうに入力↓

現金払いとポイント払い、それぞれ分けて記入しています。

 

ちなみに資産として扱わないと決めたもの、たとえば先ほど挙げたツルハの夢クーポンを使って買い物したときはどうするか。

よめしゃちょう
10%割引になる夢クーポンを使って1,000円分の食品を買ったよ!こんなときはどうやって記入するの?

 

そんなときは、クーポンを使った分=割引きされた金額は記入せず、シンプルに割引後の金額だけ(900円)を記入しています。

もちろんクーポンの割引分を別途書いても構いませんが、我家にはそこまでする理由が見当たらないのでこのルールでずっとやってきました。

そうたろ
クーポン利用歴を残しておきたければ、こんなふうに↓備考欄を作って一言書いておけばいいと思うよ!

 

さいごに。ポイント・割引券・クーポンは収入として扱うのか問題について

さきほど資産として扱うと決めたポイントなどで買い物したときは、支出として記録すると書きました。

とらまる
じゃあそれらのポイントなどが手に入った時は収入として記録してるのかにゃ??

 

結論から書きますと、我家はこれらを収入として記録シートに入力していません。

我家が収入として記録シートに入力するのは「自分たちで稼いだお金のみ=自力収入のみ」というルールを作っているので、これらのポイントなどは収入として扱わないことにしています。

(ほかにも、他人様から頂いたお祝いやご厚意なども収入として扱っていません)

家計簿に臨時収入は計上せず、自力収入のみで運用したほうがいいと思う理由

2020.01.22

 

たいていの場合、各種ポイントや割引券、クーポンなどはショッピングをしたりサービスに申し込んだ際に付与されるものだと思います。自分で稼いだお金、というイメージではないので我家は収入としては扱っていません。

 

そのかわりに、先に挙げた資産管理シートを月イチで作ることによって、ポイント残高などは常に把握できるようにしているというワケです。

家計簿のつけ方に正解はありませんが、参考にしてもらえたら嬉しいです(`・ω・´)♪




『やさしいエクセル家計簿のはじめ方』好評販売中です

 

「最も使いやすい家計簿をつくろう!」というコンセプトのもとに自作した

エクセル家計簿の完全マニュアルです。

 

エクセル家計簿歴10年分のノウハウをすべて詰め込みました!

 

無料アプリや有料ソフトはイマイチしっくりこなかった方も、是非お試しくださいませ(○ˊᵕˋ○)♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です