神テンプレート発見!マクロなしで青色申告帳簿が作れるエクセル簿記(excelB)の魅力




妻が個人事業主になったので、今年2019年から青色申告(65万控除)をすることになりました。

そこで普段使い慣れてるエクセルで、青白申告書類を作成できる無料テンプレートを探していると、マイクロソフトの支援を得てソフト開発を行っている、KAC郡山そろばんセンターが無料配布している『エクセル簿記/excelB』なるものを発見。

試しに使ってみたところ、こいつが非常に優秀なツールでして、我家のように自作のエクセル家計簿で収入&経費管理してる人間にとっては、相性良すぎて正直ビビりました。

しかもこのレベルで無料配布とは信じられない・・・控えめに言って感動しています。

で試しに使ってみたところ、エクセル簿記(excelB)の魅力や、活用・アレンジ方法などがかなり分かってきたので、今日はそれをご紹介します。

 

はじめに。なぜMFクラウドやfreeeじゃなくてエクセル簿記なのか

青色申告の定番有料ソフトといえば、MFクラウドやfreee、やよいなどがありますよね。

我家も最初はMFクラウドの無料期間を利用して、試しに仕訳帳を作成してみました。が、これらの理由により諦めました↓

  1. 経費の仕分けがめちゃくちゃ面倒(我家特有の問題)
  2. せっかくエクセルに収支データを記録してるんだから有効活用したい
  3. 価格に見合うほどの価値・メリットが見いだせない

 

①については、MFクラウドに非はなくて、すべての事業費と生活費を一枚のクレジットカードで支払うという、我家の運営方法に原因があります。

MFクラウドが、クレジットカードの利用履歴を自動で吸いあげてくれたとしても、生活費のデータ量が膨大過ぎて、「これは生活費で、んでもってこれは事業費で~・・・」などと手動仕訳するのは地獄です。

そんなことしてたら日暮れちゃうレベルだし、たぶんストレスフルで発狂します。

SOHTARO
そもそもエクセル家計簿に事業経費データぜんぶ記録してるんだから、それだけ抽出して活用したほうが効率的じゃね?

 

それが②の動機であり、そういう背景もあって青色申告ソフトにお金かけるメリットが我家にはなかったので(③)、じゃあ全部エクセルで青色申告しちゃおうと思いました。

そういうことで今に至ります。

 

エクセル簿記で作れる青色申告帳簿

まえおき
  • エクセル簿記のテンプレートをもとに解説していきます。テンプレートはこちらより無料ダウンロードできます。
  • エクセル簿記には4つのテンプレートがありますが(一般用・農業用・不動産用・減価償却専用)、今回は一般用を使って解説していきます。

まずは本題に入るまえに、エクセル簿記(一般用)ではどんな帳簿が作れるのか、そこをハッキリさせておきましょう↓

  • 仕訳帳 ※提出不要
  • 青色申告決算書(①、②、③、④) ※必ず税務署に提出
  • 総勘定元帳 ※提出不要
  • 固定資産台帳 ※人によっては提出
SOHTARO
その他、必ず税務署に提出しなければならない申告書Bは別途作らなきゃならないけど、キホン的に青色申告決算書の数値データを書き写せばいいだけ。楽勝!

それでは実際に、エクセル簿記で作れる書類をみていきましょう。

仕訳帳

 

青色申告決算書①

 

青色申告決算書②

 

青色申告決算書③(減価償却費の計算)

 

青色申告決算書④(貸借対照表)

 

総勘定元帳

固定資産台帳

 

エクセル簿記のメリット・デメリット

実際に使い倒してみて分かった、エクセル簿記のめちゃくちゃ良かった点と、イマイチな部分をまとめます。

メリット1)エクセルのみで帳簿作りが完結

作成可能な帳簿の種類については後述しますが、たとえば、最初に作りはじめる仕訳帳がこれです(というか仕訳帳さえできたらほぼ帳簿作りは完了)↓

薄緑色の部分を順次手入力していくカタチになります。

 

ちなみに、僕らは複式簿記の知識が一切なかったので、勘定科目などの選定には多少苦労しましたが、、、科目コードをクリックすると、こんな一覧表が出てくる親切設計になってるので助かりました↓

 

あと普通のエクセルと同様に、コピペやオートフィルも可能です。エクセル慣れしてる人なら、特に違和感なく使えると思います。

しかも仕訳表ができたら、そのデータが他の帳簿に自動転記されて、勝手に他の帳簿も出来上がってます。

きっとここまで自動化されている青色申告用のエクセルテンプレートは、現状では他にないんじゃないかな。

メリット2)無料。誰でもダウンロードして即使用可能

エクセル簿記自体のファイルは誰でも無料で使えます。

また、ただのエクセルファイルなのでインストールの必要はなく、ダウンロードしたら即使えます。

ひと通りの操作は無料マニュアルで事足ります。が、完璧に使い倒したければ有料マニュアル(¥2,160)もあります。

お金がかかってくるとすれば、この有料マニュアルの購入時くらいでしょうか。まあとはいっても、毎年1万円を支払いつづけなきゃいならない有料ソフトに比べたら破格ですね。

ちなみに我家は、一応有料マニュアルを買いましたが、一度目を通しただけでその後はそっとフォルダにしまってあります・・・(今のところ無料マニュアルだけで間に合ってます)。

メリット3)マクロ一切不使用のテンプレート

最初にエクセル簿記をみたとき、ガチガチにマクロ組んでるのかと思いましたが、実はマクロは不使用で関数のみで作られていることを知って驚きました・・・。

マクロ不使用ということで、ウイルス感染リスクも減るし、動作も軽いのでこれは本当に有難い点です。

デメリット1)データの並び替えや行追加などが簡単にできない

優秀なエクセル簿記ですが、一方でデメリットに感じる部分もあります。

まず、エクセル簿記の仕訳帳では、データの並び替えや行追加などが簡単にできません。

これらを実行するには、あらかじめ設定されているシート保護をそのつど解除する必要があります。

(エクセル簿記には関数がたくさん組み込まれていて、それが改変されないようにシート保護機能がかかっているのです)

やってみると分かりますが、並び替えや行追加のたびにこの操作が入るのは結構ストレスです・・・さらにこれらの操作が原因となり、関数エラーなどが起きるリスクも高まるかもなどど考えると、気持ちの良いものではありません。

デメリット2)按分率の計算が簡単にできない

我家のように、自宅を兼事業所として使っている個人事業主だと、一部の経費には按分率をかけて申告しますよね。

たとえば電気代などは100%ではなく、事業に使った分だけを、ある程度予測し切り分けて申告する。ちなみに我家は電気代の20%を申告しています。

で、エクセル簿記の場合、エクセル簿記の仕訳帳をみるとわかるように、按分率を入力するセルはないので、「金額セル」には按分率を掛けた、申告金額を打ちこまなければなりません。

個人的な理想を言わせてもらえば、按分率を入力するセルも追加してもらって、按分率を掛けた金額を自動算出してほしいところではありますが。。

 

エクセル簿記によるさらに効率的な仕訳帳の作り方を考えた

先ほど挙げたエクセル簿記のデメリットをどうやったらカバーできるか考えてみました。

結論から書きますと、、、

あらかじめエクセルの別シートでMy仕訳帳を作っておく

最後にエクセル簿記の仕訳帳にコピペする!

TORACHAN
えっ・・・たったこれだけ・・・?

そう、拍子抜けするかもしれませんがこれだけです(笑)

色々と試した結果、これが最も省力化&時短化できるやり方だってことに気付きました。

最終的に欲しいのは、エクセル簿記の仕訳帳なんですが、それを作るためにもう一つの仕訳帳(My仕訳帳)を作りましょうってことです。

実際に作ったMy仕訳帳↓

色々書き込んでてさぞ作るのに苦労すると思われるかもしれませんが、実際にはコピペや自動算出を多用してるので、慣れると見た目ほど辛くありません。あとMy仕訳帳の様式はきまっていないので自由に作っていただいて構いません。最終的に欲しい薄緑色のデータさえ出来上がっていれば様式は問いません。

 

あらかじめMy仕訳帳を作ることで、先に挙げたデメリットが解消されます。

シート保護などの制約がないために、データの並び替えや行追加、按分率の計算が簡単にできるようになります。エクセル簿記本体の仕訳帳には触らないので、もともと仕込まれている関数を改変しちゃうリスクもなくなります。

つまり編集作業が圧倒的に安全で早くて楽になるってわけです。

 

ちなみに実際に我家が作ってみたMy仕訳帳のテンプレートがこれです↓

ご自由にお使いください。

注意点
  • 売上金額は解説用に変更しています
  • Microsoft Excel 2007を使って作成しています
  • 素人が作った申告書類のため間違いもあるかもしれません。データは参考程度にとどめておいて下さい(一切の責任を負いかねます)

 

さいごに。エクセル簿記をおすすめしたい人

エクセル簿記が向いてる人
  • 青色申告ソフトの使い方を覚えるのが面倒、普段から使い慣れているエクセルで申告したい
  • 青色申告ソフトにお金をかけたくない、無料で済ませたい
  • 自作のエクセル家計簿などで事業の収支をすべて記録している(してなくても作成可能)

我家もそうですが、上記にすべて当てはまる人は、有料申告ソフトよりもエクセル簿記を使った方が、もっとラクに早く安く申告書類が作成できると思います(経験談)。

特にエクセル家計簿で日々の収支を記録している人は、言ってみれば、すでに仕訳帳が半分出来上がっている状態です。

それを活用しないなんて実にもったいない。有料ソフト上で一つずつ仕訳するより、エクセルでデータ抽出してコピペしたほうが早かったです。

 

具体的なデータ抽出方法やMy仕訳帳の作り方、エクセル簿記への転記方法については、すべてこちらの記事にまとめました↓

我家が得た知見をすべてフィードバックしているので、イチから自分で作るよりも効率的だと思います。

 

 

CHIHIRO
最初はどうなることかと思ったけど・・・
SOHTARO
なんとかなるもんだ!!



 

SOHTARO
散財・病気・転職と、人生コスパ最悪夫の資産形成術をフォローしてみませんか?失敗だらけのポンコツだからこそ伝えられる何かがあるはず!


『やさしいエクセル家計簿のはじめ方』好評販売中!

 

 

「最も使いやすい家計簿をつくろう!」というコンセプトのもとに自作した

エクセル家計簿の完全マニュアルです。

 

エクセル家計簿歴7年分の我家オリジナルノウハウをすべて詰め込みました!

 

無料アプリや有料ソフトはイマイチしっくりこなかった方も、是非お試しくださいませ(○ˊᵕˋ○)♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です